東海若手起業塾

BLOG

東海若手起業塾事務局ブログ

2016年11月 9日 (水)

東海若手起業塾OBOGインタビュー Vol.3 安形真さん(合同会社アグリホリック)

 ブラザー工業の100周年事業として2008年にスタートした「東海若手起業塾」は、地域や社会から必要とされる若手起業家の育成を掲げて、2016年3月までに8期38名(35組)の起業家への支援を実施し、現在は第9期生の支援に取り組んでいます。

   今回お話を伺った安形真さん(第3期OB)は、農業を通じた地域活性をしている合同会社アグリホリックを経営しています。野菜の生産から農家レストランの運営、活動拠点である新城市の若手起業家育成など、起業塾にエントリーした当時とは違う事業展開もされています。起業塾での経験が現在にどうつながっているのか、お話を伺いました。

 

1


  ———
  ●起業塾にエントリーしたきっかけを教えてください。

  安形:当時は、私の祖父がスイカを生産することに長けていたので、祖父から教えを受けながらスイカを資源にして地域活性化をしようと、若者で戦略的にスイカのブランド化を目指す「しげじぃの命のスイカプロジェクト」を立ち上げ、スイカの栽培をしていました。年間400個以上のスイカを育て、スイカに関連したイベントを開催し、地元でニュースに取り上げて頂くこともありました。しかし、「スイカプロジェクト」で地域活性化を本当に実現するためのプロセスが見出せておらず、その確証もありませんでした。

   そんな時に、市民活動をいろいろと調べていく中で、東海若手起業塾の実行委員である木村さんに「やってみないか」とお声がけいただいたのが、きっかけです。

 
  ●起業塾ではどんな取り組みをしましたか?

  安形:メンターやOBOGから、さまざまなアドバイスをもらいました。混乱することもありましたが、それらのアドバイスを整理していくことで、自分が本当に実現したい、地域や社会のビジョンが明確になり、それを軸に考えられるようになったと思います。起業塾にエントリーする前は、自然の中で暮らすライフスタイルへの憧れもありましたが、本当にやりたいことはそういうことではない、とも気づくことができました。東海若手起業塾はOBOGの関わり合いが多く、当時ももちろんお世話になりましたし、最近は新城市の起業家育成事業で力を借りることが増えています。

 

1_2

(起業塾期間中は、ブラザー社員の方々を対象に新城で行うグリーンツーリズムについてヒアリングを行うなど、「軸」を見直すきっかけとなった)


 
  ●起業塾に入る前と卒業したことで変わったことや今の事業に活きていることはありますか?

  安形:卒業からだいぶ時間が経っているので、起業塾当時の事業は、今はもう実施していません。今に活きていることは、個別具体のアドバイスそのものというよりは、考えるための「軸」ができたことだと思っています。また、OBOGや同期とのつながりもできたのがありがたいですね。

 
  ●起業塾を卒業されてから5年以上が経ちましたが、現在の事業はどのように発展していますか?

  安形:農業としての面では、夏を中心としたスイカ事業から、約60種の野菜を通年栽培するようになりました。それに加えて、地域全体のプロデュース事業にもより力を入れるようになりました。地域住民を巻き込んだり、都市部の人を誘客する目的で、都市農村交流事業にも取り組んでいます。農業体験や市民農園、また援農ボランティアの受け入れなど、都市に住む方々が農業に繋がることのできるチャンネルをとにかく増やしました。このあたりの展開は、起業塾支援期間中に得た知識などがヒントになっています。

   古民家を活用した農家レストランの経営も始めました。「古民家カフェはちどり」という名前で、農家レストランの機能とコミュニティカフェ的な機能を持たせて、地域の人を繋ぐ役割を持っています。古民家で2年くらい営業したのち、現在は鳳来館に移転して継続しています。

 

2

(鳳来館では地域の素材を活かした料理が楽しめる他、さまざまな活動やイベントの拠点にもなっている。)


   また、起業段階にある若者たちのプレゼン大会を開催しています。東海若手起業塾のように、起業を志す人達の後押しをしたいと思っています。

 

3

(今年で第3回を迎える「奥三河若手起業家プレゼン大会」。日程など詳しくはこちら!)

  ———
  今後も引き続き、起業塾OBOGの近況を当ブログにて発信します。興味のある方は、Facebookの「いいね!」やメールマガジンへ登録してください。お見逃しなく!

  (東海若手起業塾実行委員会事務局 荒木)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

東海若手起業塾OBOGインタビュー Vol.2 前原融さん(わらびや)

 ブラザー工業の100周年記念事業として2008年にスタートした「東海若手起業塾」。地域や社会から必要とされる若手起業家の育成を掲げて、2016年3月までに8期38名(35組)の起業家への支援を実施し、現在は9期生の支援に取り組んでいます。

   今回は、岐阜県飛騨市山之村地区でわらび粉の生産に取り組む、わらびや代表・前原融さん(8期OB)に、現在の取り組みについてお話を伺いました。

  1
 
  ●前原さんと山之村地区

   映画「君の名は。」のモデルとされる岐阜県飛騨市の飛騨古川駅から車で1時間15分、富山県と接する山の中に山之村地区はあります。平均標高1000m、人口150人程度が住むこの集落に、2016年4月から移住した前原さん。この地域でかつて盛んに行われていた「わらび粉」の生産を復活させることを目指し、活動を展開しています。

   群馬県出身の前原さんは、わらび粉生産を志し、2014年度に岐阜県立森林文化アカデミーに入学。2015年度には東海若手起業塾の第8期生として事業プランをブラッシュアップし、2016年度からは飛騨市の「地域おこし協力隊員」として活動しています。

  前原:よそ者の自分がいきなり地域に入ってわらび粉生産を始めるのは、どう考えても難しいだろうなと(笑)。住民の方々からの理解や共感を得たり、わらび粉の生産地を確保し整備するためには、時間や信頼が要ります。なので、そういった事業基盤を整備するための期間は、協力隊員として活動しています。事前に起業塾で事業プランをつくったことが、今の活動にも活きています。協力隊員には自治体と雇用関係が「ある」場合と「ない」場合の2通りあるのですが、自分は後者。そのおかげで、わらび粉生産や、地域での活動に集中して取り組めています。

  2

(起業塾では、チームで事業のブラッシュアップやニーズ調査に取り組んだ。)


 
  ●「わらび粉づくり」とは?

  3
 わらび餅の原料として使われる「わらび粉」は、山菜としても馴染みの深いわらびの根から抽出して作られます。主な成分はでんぷん質。現代では、ほとんどのわらび餅がジャガイモやタピオカから作られた、より安価なでんぷんで代替されていますが、一部の高級和菓子店などからは今も根強い需要がある材料です。そんなわらび粉の名産地として、山之村地区はかつて名を馳せていました。

  4
 わらびの根を木槌で叩き、繊維とでんぷん質を分離させる。数人で話しながら作業すると、すぐにドロドロの塊になった。 この状態のものをろ過させ、でんぷん質を沈殿させることで、わらび粉が精製されます。100kgの生根から作れる量は、わずか3~4kg程度。

  5
 右側が馬鈴薯でんぷんで作ったわらび餅、左側が山之村産のわらび粉で作ったわらび餅。山之村産は少し赤みがかった黄金色が特徴的で、この色が和菓子業界では「最高級品」の証なのだそうです。ほのかな土の香りと、口の中で粘りが溶けるキレ感が印象的でした。

 
  ●これから、どんなことにチャレンジしていきますか?

  前原:わらびの生産適地を確保することが一番の課題だと思っていたのですが、以前牧場だった市有地を借りられることになり、面積的には十分な量が見込めるようになりました。次は、そこの整備ですね。藪をすべて取り払う必要があるので、春に野焼きをしようと思っています。山菜狩り目的の観光客対策も考えています。

   住民の方々の高齢化が進んでいるので、集落を維持していくために、自分のような若者がもっとこの地域に住んでいってほしいです。わらび粉生産は、あくまでこの地域の仕事のうちの1つ。他にも地域の人々が必要としていて、稼げる仕事はたくさんあるので、定住するためのロールモデルとして活動したいと思います。

  6
(奥の柵に囲まれた広場すべてが、この冬のわらび粉生産地となりました。広大!)


  ーーー
   今後も引き続き、起業塾OBOGの近況を当ブログにて発信します。興味のある方は、Facebookの「いいね!」メールマガジンへ登録してください。お見逃しなく!

  (東海若手起業塾実行委員会事務局 小池)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月30日 (金)

東海若手起業塾OBOGインタビュー Vol.1 簗瀬寛さん(株式会社GOBOU)

 ブラザー工業の100周年記念事業として2008年にスタートした「東海若手起業塾」。地域や社会から必要とされる若手起業家の育成を掲げて、2016年3月までに8期38名(35組)の起業家への支援を実施し、現在は9期生の支援に取り組んでいます。
 
 今回は、岡崎市でデイサービス運営や健康体操の普及等を通じて「介護予防」に取り組む株式会社GOBOU・簗瀬寛さん(8期OB)に、起業塾での取り組みなどについて、お話を伺いました。
 

1609261

(左:簗瀬さん、右:”右腕”スタッフの山下さん。)
   
●起業塾にエントリーしたきっかけを教えてください。
 
簗瀬:4・5期OBの奥田順之さん(NPO法人人と動物の共生センター)が、FaceBookで8期生募集の記事をシェアしていたのを見たのがきっかけです。奥田さんとは小中学校の同級生で、お互い経営者になってからもSNSで繋がっていて。優れた視点や考え方を持った人だと思っていたので、彼が経営者として成長した「起業塾」とはどんなところだろう、と興味を持ちました。経営者としてより成長したい、という動機が強かったです。
 
 以前、OKa-Biz主催のセミナーに参加した際に、起業塾実行委員の秋元祥治さん(NPO法人G-net代表理事)に出会い、「こんなに凄い人がいるんだ」と衝撃を受けたことも、エントリーする動機になりました。特別研究生に選出されてから、秋元さんに相談に行ったこともあります。「いろんな角度からアドバイスを受けるので大変だが、卒業したらいいことがあるから、最後まで頑張れ」とエールをもらいました(笑)。
   
●起業塾では、どんなことに取り組みましたか?
 
簗瀬:自分と会社を、見つめ続け、探し続けました。起業塾に関わる様々な人たちが、みな「誰のために何をするか」という、「At Your Side.」を持っている。それに対して、自分や組織は何をするべきなのか、という問いかけを常に感じていました。特に、「介護予防」を謳いながらその根拠があまりにも不十分だったことと、経営者としての覚悟の甘さや組織としての未熟さをメンターの方々に指摘されて、どちらも自分でもうすうす感じていたことだったけれども、初めてそれらの課題を直視できました。
 
 その課題を克服するために、いろいろなことを半年間模索し続けました。先行事例を調べたり、スタッフ全員と面談をしたり、地域の高齢者の方々のニーズ調査をしたり…。石川治江さん(NPO法人ケア・センターやわらぎ代表理事)に言われた、「経営者が輝くんじゃない、スタッフを輝かせるのが経営者の仕事だ」という言葉は、特に印象に残っています。
 

1609262

(キックオフ合宿の「関所」では、メンターの石川治江さん、村田元夫さんらが待ち構えた)
   
●エントリー前と今とで、事業や簗瀬さん自身にどんな違いがありますか?
 
簗瀬:起業塾で得たアドバイスをもとに、課題の克服に今も取り組んでいます。しっかりとした 医学的根拠を持った「介護予防」の取り組みをするために、認知症予防トレーニングを展開する広川慶裕先生との連携事業を2016年10月から始めます。また、作業療法士の資格を持ったスタッフを新しく雇用し、より効果的なリハビリ支援ができるようになりました。
 
山下:ソーシャルビジネスに興味があり、岡崎という地域のために何かできないかと模索していた時に、起業塾のホームページを通じて簗瀬さんのことを知りました。この人と一緒に働きたいと思えたし、作業療法士としての能力を活かせることも魅力的でした。
 
簗瀬:OBOG同士のつながりもできました。「At Your Side.」を持ち、第一線で活躍している起業家が、本気で関わっているコミュニティなので、強烈な刺激を受けられます。2期OBの橋口論さん(株式会社スプレーアートEXIN)や、7期OGの白石みどりさん(株式会社SNOM)、9期の渡嘉敷唯之さん(そなえざぁしぞ〜か)など、専門分野の近い起業家との出会いも、今後に活かせると感じています。
 

1609263

(リハビリカフェ倶楽部岡崎店での「健康体操」の様子。)
   
———
 
 今後も引き続き、起業塾OBOGの近況を当ブログにて発信します。興味のある方は、Facebookの「いいね!」やメールマガジンへ登録してください。お見逃しなく!
 
(東海若手起業塾実行委員会事務局 小池)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

【活動報告】第9期キックオフ合宿

 9月11日(日)~12日(月)に、「東海若手起業塾 第9期キックオフ研修」を開催しました。半年間の伴走支援期間の目標を設定する、スタートラインとなる2日間です!


1
2
3

 1日目は「個別事業戦略会議」から始まります。 各起業家が最終選考会を経て練り直した事業概要のプレゼンテーションを行い、 支援者側が質問やアドバイスで課題点を浮かび上がらせる、というものです。普段なかなか得ることのできない視点や、自分でも気づきもしなかった本質的な部分の気づきを、この時間で得ることができます。


4
5

 事業戦略会議が終わると、次は各起業家チームに分かれての個別作業です。戦略会議で挙げられたアドバイスを基に、(1)半年後の到達目標、(2)目標達成度を評価するKPI、(3)KPIを達成するためのアクションプラン、の3つをグループ毎に考えていきます。起業家チームは、起業家、コーディネーター(CD)、ブラザー工業プロボノの3名で構成され、分野の近い先輩起業家やブラザー社員が必要に応じて加わります。



6
7

 個別作業で課題が整理できた頃に、「関所」が設けられます。進捗状況の報告や、課題に対する解決策などを支援者たちに対して発表し、さらなるアドバイスを受ける場です。



8
9

 関所や個別作業は2日目も続きます。どの起業家も、自分の事業をいちから見直して、誰のための事業なのか?という「「At your side.」の問いを深めました。



10
11

 最後に、キックオフ研修の成果を共有する報告会。個別事業戦略会議の時から、3名とも内容がガラッと変わっていました。この柔軟さが、「若手」起業塾ならではです。



12

13


 また、第9期生の渡嘉敷さん、井上さんには、記念品としてブラザー工業様から複合機(MFC-J4725N)の贈呈がありました。



 なお、今年度のキックオフ研修では、以下の先輩起業家のみなさまがアドバイスをくださいました!

・戸枝陽基さん (社会福祉法人むそう 理事長/NPO法人ふわり 理事長)
・石川治江さん (NPO法人ケア・センターやわらぎ 代表理事/社会福祉法人にんじんの会 理事長)
・柴田朋子さん (JUNO 代表)
・平沼辰雄さん(株式会社リバイブ 代表取締役/一般社団法人CSRコミュニティ 代表理事)
・岩村龍一さん(株式会社コミュニティタクシー 代表取締役/一般社団法人CSRコミュニティ 理事)
・山内幸治さん (NPO法人ETIC. 事業統括ディレクター)
・佐藤真琴さん(株式会社PEER 代表取締役社長/東海若手起業塾OB・OG会 代表)
・村田元夫さん (株式会社ピー・エス・サポート 代表取締役)
・白上昌子さん (NPO法人アスクネット 代表理事)
・毛受芳高さん (東海若手起業塾実行委員会 代表/一般社団法人アスバシ教育基金 代表理事)
・北村隆幸さん (NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん 代表理事/東海若手起業塾9期 コーディネーター)
・安形真さん (合同会社アグリホリック 代表/東海若手起業塾9期 コーディネーター)
・木村真樹 (コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事/公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事/東海若手起業塾実行委員会 理事・事務局長)


いよいよキックオフとなった東海若手起業塾第9期。今後も、起業家の成長を応援します! 

(東海若手起業塾実行委員会事務局 小池)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

【活動報告】第9期最終選考会

 8月28日(日)に「東海若手起業塾 第9期最終選考会」を開催し、最終選考会に挑む6名の起業家から、3名を選出しました。当日は、一般参加者が23名、ブラザー職員やOBOGなど関係者28名と、大変多くのみなさまにご参加いただきました!
P_20160828_130301
 プレゼンを行った6名の起業家たちは、6月から2回の「ブラッシュアップ研修」を経て、準備を重ねてきました。自身の事業を見直すために顧客に対する調査を行ったり、プレゼンに改善を加えていく中で、エントリー当時から内容が大きく変わった起業家もいました。

 最終選考会に挑戦した6名の起業家と、彼らのプロフィールを、下記にご紹介します!(URLは、東海若手起業塾Facebookアカウントから投稿した記事へのリンクです。)
・大西康史氏:https://goo.gl/P60Vrh
 (新城市地域おこし協力隊員 @愛知県新城市)
・井上美千子氏:https://goo.gl/AhuZ7u
 (きゃりこみゅ² @静岡県静岡市)
・中川貴文氏:https://goo.gl/BFtfWq
 (パッチファーム @愛知県田原市)
・杉山裕亮氏:https://goo.gl/1iO1CZ
 (CLAP Design Lab @岐阜県下呂市)
・安本志帆氏:https://goo.gl/J5BEik
 (CLAFA @愛知県名古屋市)
・渡嘉敷唯之氏:https://goo.gl/R6xrBl
 (そなえざぁしぞ〜か @静岡県静岡市)

Img_9548

Img_9564

 また今回、選考委員を勤めていただいたのは、下記のみなさまです。
・川北秀人さん(IIHOE[人と組織と環境のための国際研究所] 代表者)
・佐藤真琴さん(株式会社PEER 代表取締役社長/東海若手起業塾OB・OG会 代表)
・村田元夫さん(株式会社ピー・エス・サポート 代表取締役)
・橋本安弘さん(ブラザー工業株式会社 コーポレートコミュニケーション部 部長)
・毛受芳高さん(東海若手起業塾実行委員会 代表/一般社団法人アスバシ教育基金 代表理事)

P_20160828_145636

 プレゼンと質疑応答の後、選考委員会で審議を行いました。その間、会場ではゲストのみなさまからのコメントをいただいたり、その場にいる参加者同士が自由に交流できる「交流タイム」を開催しました。

 また今回は、Facebookを活用した「WEB投票」を事前に開催しました(詳細はリンク先をご覧ください。)。先ほどご紹介した各Facebook記事に寄せられた「いいね!」の数を、その起業家の「共感性」を示す数値とすることで、選考の議論に反映させる取り組みです。

 それでは、選考結果と「いいね」数を発表します!

【第9期生として選出】
・井上美千子氏(きゃりこみゅ² @静岡県静岡市)得票数:103
・渡嘉敷唯之氏(そなえざぁしぞ〜か @静岡県静岡市)得票数:88

【第9期生として選出→後日辞退】
・大西康史氏(新城市地域おこし協力隊員 @愛知県新城市)得票数:117
 →一身上のご都合により、後日辞退されたため、次点の安本氏が「特別研究員」として選出されました!

【次点→特別研究員】
・安本志帆氏(CLAFA @愛知県名古屋市)得票数:82

【惜しくも選外】
・中川貴文氏(パッチファーム @愛知県田原市)得票数:48
・杉山裕亮氏(CLAP Design Lab @岐阜県下呂市)得票数:30

 選考結果は上の通りですが、惜しくも選に漏れてしまった起業家も、すばらしいプレゼンテーションをされており、選考も非常に難しいものでした。選考の結果に関わらず、東海地域で頑張る彼ら6名の若手起業家を今後も応援していただければ幸いです。また、選外となった起業家も以降のプログラムには「オブザーバー」として参加できます!

 さて、晴れて9期生に選出された井上さん、渡嘉敷さんと、特別研究員の安本さんのプロフィールは、近日中にWEB上で公開いたします。乞うご期待ください。9月より半年間、「東海若手起業塾」として、全力で支援を行います!

(東海若手起業塾事務局 小池)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

【活動報告】第9期ブラッシュアップ研修(第2回)

8月9日(火)に「ブラッシュアップ研修(第2回)」を開催しました。

1_2


この日の前半は「プレ最終選考会」と題し、起業家のみなさんに最終選考会と同様の形式の「プレゼンテーション」・「顧客調査の報告」を行っていただき、参加者同士で感想やアドバイスをフィードバックしました。

2_3


目の前の業務に集中する多忙な毎日を過ごしていると、自分の事業計画を客観的な視点から考えることはなかなかできません。参加者の方々から集まった「質問」と「アドバイス」は、起業家のみなさんが自分の事業計画について考えるための材料となります。 さらに、講師の川北さん(IIHOE代表者)から、各起業家へ個別にアドバイスをいただき、密度の高いフィードバックとなりました。

3_2


後半は個別のチームに分かれ、フィードバックやアドバイスをもとに「最終選考会までに何をするか?」を考え、発表していただきました。

4_2


次回、最終(公開プレゼンテーション)選考会は8月28日(日)です!地域の課題解決や資源活用にチャレンジする起業家を、1人でも多くの方に応援してもらいたいと思います。当日会場にお越しいただくほかにも、今年は「WEB投票」にて起業家を応援していただくことができます。ぜひ、ご参加&ご協力ください!

※WEB投票については、「東海若手起業塾公式FBページ」をご覧ください。
https://www.facebook.com/tokai.entre/

(東海若手起業塾事務局 小池)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

【活動報告】第9期ブラッシュアップ研修(第1回)

7月13日(水)に「東海若手起業塾第9期 ブラッシュアップ研修(第1回)」を開催しました。この研修には、書類選考を通過した第9期生候補の起業家9名を中心に、ブラザー工業プロボノ候補者など、起業塾に関わる計26名の皆様にご参加いただきました。

01

この日のメインコンテンツは、講師の川北秀人さん(IIHOE)によるブラッシュアップ研修。最終選考会後の「本科」に臨む前段階=「予科」として、特に今回は「顧客理解」に焦点を置いて学びました。

02

「誰のどんな困りごとを解決するのか?」
「当事者や顧客はどんな属性で、どのような状況で、どのようなニーズがあるのか?」

03

4

5

6

起業家が自らの事業や顧客について、参加者同士が紙上で質問し合う「スクォーキング」等を通じ、ブラザー工業プロボノ候補者や第9期コーディネーター等の支援者とともに考え抜く時間となりました。

07

08

研修の最後には、各起業家が「次回研修までにやり遂げること」を発表しました。

各起業家は、次回のブラッシュアップ研修(第2回)では「プレ最終選考会」を経て、8月28日(日)の最終選考会に向けて準備を重ねていきます。ご興味のある方はぜひ、最終選考会にご参加ください!

(東海若手起業塾事務局 小池)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

【活動報告】第9期「募集説明会」

こんにちは。事務局の小池です。
第9期「募集説明会」を開催し、3日間で合計21名のみなさまにご参加いただきました。

6月3日(金)には、新城市で開催。今年度、奥三河地域の4市町村と起業塾が連携して、当地域での起業家支援に挑戦しようとしており、その第1弾となる取り組みでした!
詳細は、当地域を拠点に活動する3期OB、安形真さんのブログもご覧ください。

1


6月6日(月)には、名古屋市で開催。上記の安形さんをゲストに迎え、起業塾での体験談を語っていただきました。会場に来ていた7期OBの中島淳さんや、プロボノOBの方々からもエピソードを紹介していただき、盛りだくさんの内容となりました!

2

5

3

6月9日(木)には、岐阜市で開催。この日は、2期OBの北村隆幸さんをゲストに迎え、「ぶうめらん」のこれまでの歩みを掘り下げてご紹介していただきました。

4


両日とも、遅い時間まで長時間お付き合いいただき、ありがとうございました!

さて、今回の募集説明会にご参加いただけなかったみなさんに、朗報です!
東海若手起業塾では、6月13日〜17日に「個別相談会」を開催します。エントリーには、「募集説明会」もしくは「個別相談会」への参加が必須となります。ご興味のある方は、まずはお気軽にご参加ください!

>詳しくはこちら
http://www.tokai-entre.jp/entry/entry_about/

皆様のご応募を、お待ちしております。
(東海若手起業塾事務局 小池)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

【参加者募集】東海若手起業塾 第9期「募集説明会」「個別相談会」

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ~地域からの共感を得て、地域に愛されるビジネスへ~

 

            東海若手起業塾
    第9期「募集説明会」「個別相談会」のお知らせ

 「募集説明会」愛知会場:2016年6月6日(月) 19:00~20:30
 「募集説明会」岐阜会場:2016年6月9日(木) 19:00~20:30
    「個別相談会」:2016年6月13日(月) ~17日(金)

      主催・運営:東海若手起業塾実行委員会
         協賛:ブラザー工業株式会社
         http://www.tokai-entre.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「目の前のことで手一杯で、今後のことを考えている余裕がない…」
「周囲の人たちになかなか共感してもらえない…」
「今取り組むべき真の経営課題がわからない…」
「社会課題の解決とビジネスを両立させたい…」

 本プログラムは、今年で9年目を迎える実践型の起業家支援プロ
グラムです。地域性や共感性のある想いを形にしたいと考えている、
上記のような悩みを抱えた若手起業家を対象に、ビジネスモデルや
事業戦略の質を高め、事業を軌道に乗せるサポートをします!

 経験豊かな先輩起業家や支援チーム、各分野の専門家の知恵を借
りる「戦略会議」の実施など、「経営課題を整理し、長期的な成長
戦略を描く」「成長戦略の実現に必要なパートナーや顧客、支援者
を獲得する」支援を行います。

 今期の募集に関して、愛知と岐阜の2会場で「募集説明会」を開
催します。当日は本塾のOB・OGで、今期の起業家支援コーディネー
ターを務める2人をゲストにお招きし、塾生時のエピソードなどを
お話いただきます。また「個別相談会」は、ご希望の時間に合わせ
てご相談いただくことも可能です。

 本プログラムに応募するには「募集説明会」か「個別相談会」へ
の参加が必須となります。日程をご確認の上、参加を希望される方
は事前にお申し込みください!

※今期の募集要項や実施プログラムの詳細等については、下記URL
 をご確認ください。 http://www.tokai-entre.jp/bosyu
※今期も2回予定している集合研修は、合宿形式ではなく「日帰り」
 で実施します。宿泊を伴う研修への参加が難しかった(特に女性)
 起業家からのご応募をお待ちしています!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆「募集説明会」開催概要◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「愛知」会場】
●日時:2016年6月6日(月) 19:00~20:30(18:45~受付)
●場所:ブラザー・コミュニケーション・スペース
(愛知県名古屋市瑞穂区塩入町5-15)
 名鉄名古屋本線「堀田」駅から徒歩2分
 地下鉄名城線「堀田」駅から徒歩3分
 http://www.brother.co.jp/bcs/guide/index.htm
●ゲスト:安形真氏(合同会社アグロホリック 代表/
 東海若手起業塾 第3期生、第9期起業家支援コーディネーター)

【「岐阜」会場】
●日時:2016年6月9日(木) 19:00~20:30(18:45~受付)
●場所:NPO法人G-net 事務所
(岐阜市吉野町6-2 ブラザービル2階)
 JR東海道線「岐阜」駅から徒歩2分
 名鉄名古屋本線・各務原線「岐阜」駅から徒歩5分
 http://gifist.net/?page_id=39
●ゲスト:北村隆幸氏
(NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん 代表理事/
 東海若手起業塾 第2期生、第9期起業家支援コーディネーター)

【両会場共通】
●司会進行役:木村真樹
(東海若手起業塾実行委員会 理事・事務局長/
 コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事/
 公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事)
●定員:30名(先着順)
●参加費:無料
※公共交通機関をご利用ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆「個別相談会」開催概要◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●日時:2016年6月13日(月)~17日(金) 10:00~20:00
(1回1時間以内)
●場所:コミュニティ・ユース・バンクmomo事務所
(愛知県名古屋市東区代官町39-18
 日本陶磁器センタービル5F 5-D号室)
 地下鉄桜通線「高岳」駅から徒歩8分
 地下鉄東山線「新栄町」駅から徒歩10分
 http://www.momobank.net/about/inquiry.html
●参加費:無料
※公共交通機関をご利用ください。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆先輩起業家はこんなふうに本塾を活かしました!◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●事業仮説を検証し、真のニーズに沿ったビジネスモデルへ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 事業の仮説は立っていて、売りたい商品やサービスの形は整いつ
つある。そこで、本塾のプログラムに参加し、マーケティングを通
じて自分で立てた仮説をしっかり検証し、事業の真のニーズをとら
えました。そこから3年後、5年後のビジョンを組み立て、地域か
ら共感を得られるビジネスモデルを構築しました。

●地域課題を明確に洗い出し、事業プランの作り込みと検証へ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 事業を進める中で地域の課題に直面し、事業を通じて課題を解決
したいと思いました。そこで、本塾のプログラムに参加し、地域の
真の課題をしっかりと洗い出しました。そこから自分の強みを見極
め、事業の仮説を立てて事業プランを作り、地域を巻き込みながら
地域課題の解決に向けて動き出しました。

●事業の幹をしっかりと見直し、次のステージを作る!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今まで数年間事業を行ってきましたが、5年後、10年後を見据え
て、次のステージをどう展開していくべきかと考え始めました。そ
こで、本塾のプログラムに参加し、自分が本当にやりたいと思って
いる事業の幹を見直し、10年後どうあるべきかをしっかりと定めて
事業プランを作り、これからの事業展開の方向性を決めました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆申込方法など◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●申込方法(〆切:各開催日の2日前まで )
 下記URLよりお申し込みください。
・「募集説明会」愛知会場:2016年6月6日(月) 19:00~20:30
 http://kokucheese.com/event/index/397367/
・「募集説明会」岐阜会場:2016年6月9日(木) 19:00~20:30
 http://kokucheese.com/event/index/397370/
・「個別相談会」:2016年6月13日(月) ~17日(金)
 http://kokucheese.com/event/index/397375/

●問合せ&申込先
 東海若手起業塾実行委員会 事務局
 担当:木村、小池
 Tel: 050-3738-6013
 E-mail: info@tokai-entre.jp
 URL: http://www.tokai-entre.jp/

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

【活動報告】第8期最終報告会

 3月13日(日)に「東海若手起業塾 第8期最終報告会」を開催しました。当日は、合計で69名のみなさまにご参加いただきました。6ヶ月の支援期間を終えた第8期起業家4名の活動の成果を、前半の公開プレゼンテーションでご報告しました。

S_img_8809

ここで改めて、第8期起業家をご紹介します!
・発達障がい児のために、療育+福祉の専門的な支援体制を構築したい!
土肥克也さん(NPO法人PakaPaka
 

S_img_8775

・「失われた特産品」わらび粉の復活で飛騨地方を元気にしたい!
前原融さん(わらびや)

S_img_8780

・アートプログラムによる親子関係の向上と虐待予防の推進!
生川真悟さん(ライキニス
 

S_img_8789

・高齢者の「笑顔」をつくる健康体操で楽しく介護予防!
簗瀬寛さん(株式会社GOBOU

S_img_8807_2

 また当日は、ゲストとして以下の方々にご参加いただき、各起業家へのコメントをいただきました。
・石川治江さん(NPO法人ケアセンターやわらぎ
・佐藤真琴さん(東海若手起業塾OB・OG会/株式会社PEER
・戸枝陽基さん(社会福祉法人むそう
 プレゼンテーションでは、支援期間中にどのようなチャレンジを行い、どのような成長や変化をし、どのような次の課題が見えてきたのかを伝えていただきました。
 また、参加者が各起業家のプレゼンテーションを聞いた感想を起業家に伝える「交流タイム」を実施しました。

S_img_8815_2

S_img_8822

 この日、起業家が得たコメントや感想は、その後のチャレンジの大きな原動力になります! ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
 また、後半はゲストのみなさまによる「起業塾、『これまでの価値』と『これからへの期待』」と題したトークセッションを実施しました。社会構造の変化にともない、東海地域の経済や課題の動向は「これまで」と「これから」では全く異なります。その展望を踏まえて、起業塾に求められる今後のアクションについて議論していただきました。
 
当日のアンケートの内容を掲載します。
●満足度:92.6点(平均/100点満点中)
●感想(一部抜粋)
・初めて参加しましたが、一企業人として身につまされることが後半の話で感じさせられました。
・報告では、8期生の変化を確かに感じることができました。トークセッションでは、ソーシャル分野に携わるものとしてとても勉強になりました。
・社会的責任、起業、支え方の多様化、小商い、旅、行政職員を仲間になど、自分・仕事・社会のつながりについての問いを改めて得られた。
・愛知県の現状や課題を客観的にみることができた。
・夏の最終選考会も合わせて参加したので、とても有意義でした。
・メンターの方々の問題意識の高さに感銘を受けました。
・他の起業家の活動を聞き、それぞれの展望が見え、ためになりました。
・ぜひ来年度鍛えていただけたらと思います!
 半年間の支援期間は終了しましたが、起業家にとって、起業塾はさらなる社会的使命を達成するための、ひとつの「通過点」です。今後の各起業家のさらなる成長に、大きな期待がかかります!
 東海地域の様々なステークホルダーと、起業家をともに育て、支え、協力し、見守るためのプラットフォームとして、東海若手起業塾は今後さらなる進化を遂げる予定です。引き続き、よろしくお願いいたします!
(東海若手起業塾 事務局 小池)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【終了】 「東海若手起業塾」第8期最終報告会

Contents