東海若手起業塾

BLOG

東海若手起業塾事務局ブログ

第1期:こうじびら山の家

2013年1月 9日 (水)

第1期こうじびら、明日ぎふチャンテレビ 放送

みなさん、こんばんは!事務局の谷です。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


さてさて、第1期のこうじびら山の家北村さんが
明日1月10日にテレビに登場だそうです!

ぎふチャンテレビの夕方ニュース情報番組
「NEWS 5 PLUS」(17:00-18:00)内の

「ぎふ・まちはっけん隊」のコーナー放送にて
取り上げられるそうです!


ぜひご覧下さいませー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

1期「こうじびら山の家」イベント情報!!

こんばんは!事務局の加藤です。
今日は1期生「こうじびら山の家」のイベント情報をお届けいたします!

「若者が田舎でいきいきと働ける仕事と仕組みをつくる」ことをミッションに掲げ、郡上でキャンプ場を運営している、こうじびら山の家。

今回は、“若者”を対象として、大自然の中で遊び、そして大いに語る2日間とのこと!

詳しくは“こうじびら山の家のブログ(ここをクリック!)”を見ていただければと思いますが、、、
参加者が『対象:夢見る若者or夢見ない若者』となっています。。
以前、代表理事の北村さんが「昔の僕のような、都会での生活になにかひっかかりを感じている若者と、出会いたい」と言ってみえたことを思い出します。

「自分のこと?」と思ったみなさん、また周囲に「該当する!」という知り合いがいるみなさま、ぜひぜひ“こうじびら山の家のブログ(ここをクリック!)”から詳細をご覧ください!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

【1期こうじびら】郡上踊りにでかける大人のキャンプ

事務局の加藤です。
みなさま、お盆はどのように過ごされましたか?

僕は、13-14日に開催された「郡上踊りにでかける大人のキャンプA日程」に参加してきました!
こちらは、東海若手起業塾の1期生でもある“こうじびら山の家”の企画!!
今回は実行委員の一員でもあるコミュニティ・ユース・バンクmomoとのコラボ企画でした。

僕は初めてこうじびらにお邪魔したのですが、古民家を改修した家の軋む廊下やら、こうじびらの家の傍を歩く鹿やら、田舎を満喫しました!!!

写真はまき割り体験の様子。

Dsc00172

また、雨の中での郡上踊りも本当に素敵でした。
上手い下手に関わらずみんなが声を出して踊る、あの一体感。
雨はその一体感をよい意味で引き立てて感じさせてくれました。
生まれた土地に誇りに思える文化があるって本当に素敵なことですね。

さて、今回の企画は今日明日とB日程が開催されております。

こちらはなんと!
ブラザーマジッククラブの皆様が参加されて、マジックショー&かんたんマジック教室がコラボ企画として開催されるとか!!

こういった温かい繋がりはこれからも大切に大切に育んでいきたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月21日 (水)

こうじびら山の家よりキャンプのご案内です!

事務局松尾です!ヽ(´▽`)/

今日は一期・こうじびら山の家から
楽しそうなイベントのお知らせが届きましたので
お知らせいたします(*´艸`*)

起業塾を卒業されても、アクティブに活動されていて、
とっても嬉しいですね(*´▽`*)

▼イベント情報(その1)

「郡上踊りに出かける大人のキャンプ2010」
 ~今宵ひと夜は夜明けまで~

郡上といえば、お盆の4日間に徹夜で踊りぬく
“郡上踊り”が有名ですが、
今度、こうじびらでは、そんな郡上踊りの体験もできて、
大人だからこそ楽しめる、キャンプを開催するとのことです!

◇A日程は大好評の末、応募〆切!
◇B日程:2010年8月16日(月)~17(火)1泊2日※まだまだ募集中!

詳しくはコチラ↓
http://blog.canpan.info/koujibira/archive/15

▼イベント情報(その2)

「夏休みだよ!おとまりキャンプ」

こちらは直近のお子様向けのキャンプ!!
郡上の自然の中でたっぷり遊べて
たっぷり学べる、子供たちの楽しそうな姿が
目に浮かびますねー((w´ω`w))

◇日程:2010年7月28日(水)~29(木)1泊2日※〆切は22日!!

詳しくはコチラ↓
http://blog.canpan.info/koujibira/category_3/

さぁこの夏は、お友達とご家族と、みんなで
こうじびらへの出かけはいかがでしょうかヽ(´▽`)/♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

こうじびら山の家が岐阜新聞の一面に!

事務局松尾です!

今日朝新聞を見たら、
こうじびらの北村さんが岐阜新聞の一面に!!ヽ(´▽`)/★

記事のURLはこちら★
http://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/2010/gifu_kairyu/6a/gifu_kairyu6a_4.shtml


まさに“地域に愛されるビジネス”ですね((w´ω`w))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

こうじびら山の家からメールニュースが届きます♪

事務局松尾です(*´▽`*)

第3期も募集開始!
Web上から申し込みできますのでぜひぜひ
皆さんふるってご応募くださいー!o(^▽^)o
http://www.tokai-entre.jp/

さて、今日は第1期のこうじびらからまた新たな
取り組みがスタートしたという知らせが舞い込んで来ましたよ!

登録していただくと、こうじびらの情報がいち早く手に入る
メールニュース【こうじびら山の家からのお知らせ!】の
配信がスタートしたそうなんです!!!((w´ω`w))

もうメール文見ているだけで郡上の情景が目に浮かんで、
なんだかあったかい気持ちになって…
行きたくなっちゃいますー(*´д`*)

携帯版、パソコン版とあるそうなので、
ぜひぜひ皆さん、登録してみてください!!(*ノv`)♪

詳しくはこちら!!!ヾ(´ε`*)ゝ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

こうじびら山の家のホームページが新しくなります!

事務局の張です。

最終報告会まで二週間を切りました。(*´ェ`*)
いよいよラストスパートの時期です!!
当日のイベントの参加申し込みも続々と届いていますよー。
まだ申し込んでいない方は、こちらをご参照ください。(*ノv`)

さて、今日は、
「こうじびら山の家の新しいホームページ」のご紹介です。
正式には、3月のオープンだそうですが、新たに、
お問い合わせフォームや予約状況が分かるカレンダーが
付け加えられ、とても見やすいものになっています。ヽ(´▽`)/
これで、こうじびらに行きやすくなりましたね!!( ´艸`)
ファンにも、初心者にも優しいホームページ。
一度訪れてみてくださいねー!(*^ω^*)ノ彡
*詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

猟師と歩く“冬のなりわい”体験ツアーに参加してきました!!

事務局の張です。こんにちは。(*ノv`)

週末に、友人と「こうじびら山の家」に行って来ましたー!!
『猟師と歩く冬のなりわいツアー』に参加するためです。
完全に旅行記&長編になりますので、ご注意下さい。笑

1月30日午前。岐阜県郡上市。
一面の雪景色の中、東海各地から総勢16名の参加者が集いました。
一泊二日の極寒ツアーの始まりです!!(○゚ε゚○)

Img_0483

集合場所から丘の上にある「こうじびら」へ向かう途中、
さっそく車が脱輪しちゃいました!!ヾ(;´Д`A
慌てる参加者を裏腹に、スタッフさんの対処は冷静そのもの。
ここらでは、日常茶飯事でおきるんだそうです。(p´□`q)

Dsc09840

きぃちゃんによるオリエンテーションと、昼食「味噌煮」を食べた後、
早速、一日目午後のプログラムがスタートです~!ヽ(´▽`)/

Dsc09898

小さなお友達が、薪を運んでくれています!(/ω\)
朝晩の冷え込みに備えるために、
薪ストーブの原料集めは欠かせません。
写真にはありませんが、薪割りをがっつりやりましたー!!(*゚ー゚*)

Img_0505

炭焼き体験中の様子です。ヾ(´ε`*)ゝ
手作りの立派な窯の中に、薪を一本一本、隙間なく立ててゆきます。
この後、一日かけて炭を焼いていきます。(*´д`*)

Img_0549

夕食に「しし鍋」をお腹いっぱい頂いた(写真撮り忘れました…。)後は、
お客さん持参の西アフリカの楽器、「ジャンベ」を皆で演奏しました~(*^.^*)
これまたすっごく楽しい!!゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
皆さん、すっかり打ち解けました。

Dsc09943

星空観察会もありましたよー。( ´艸`)満月がとっても綺麗でした。
写真は「雪×キャンドル」。これもキレイでしょー。(*´ェ`*)
こうして、ゆっくりゆっくり、一日目の夜は更けていきました…((w´ω`w))

Dsc09953_3

翌日。眠い目をこすって朝7時に起床!!(o^-^o)
釜炊きに立ち会うためです~´ω`)ノ
釜で炊くご飯は、一味も、ふた味も違います。
思わず朝から、おかわりしちゃいましたー!(* ̄ー ̄*)

Dsc09955

こちらが朝ごはんです。
納豆はもんじさんの手作りーでした!!美味!!(*ノv`)

Dsc09960

お腹いっぱいになった後は、
長靴の上に、カンジキを履いて、雪山へ!!c(>ω<)ゞ
この日は、猟師さんと一緒に、『動物の足跡探し』に出かけました。

Dsc09972

深いふかーい雪の上を、ゆっくりゆっくり歩きます。(/ ^^)/
普段こんなに雪を見ないので、
すっかり童心に戻ってはしゃいじゃいました!!( ̄▽ ̄)

Dsc09969

足跡発見!!!ヽ(´▽`)/残念ながら、動物には出遭えませんでしたが、
鹿、いのしし、リス、等々、色んな動物の足跡に遭遇しました。

Img_0570

今日のランチは、山菜のお惣菜と鹿肉カレー!!o(*^▽^*)o
毎度毎度のご飯が豪華すぎます。ヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノ

Img_0576

お腹いっぱいになった後は(このフレーズ何回使ったでしょうか…)、
昨日焼いた炭が、そろそろ完成の予感!!(◎´∀`)ノ
きぃちゃんが、ふたをそーっと開けると…

Dsc09991

中は、こんな感じでしたー!!∑(=゚▽゚=)
この後、汗だくで炭だし作業をしたのですが、
こんなに手間隙かかるものなのかと、驚いたものです。(´・ω・`)
貴重な体験が出来ました!!(v^ー゜)

Img_0543

もちろん、雪遊びも沢山しましたよ~!!
雪合戦、タイヤそり、雪用キックボード、等々。
遊びに夢中になりすぎて、 写真撮るの忘れました。笑

F255aa1c628e43fbba8c39f1c8fa42e9

ここまで読んで下さった方、ありがとうございます!(*゚▽゚)ノ
冬のこうじびら、とーーーってもお勧めです。ヽ(*≧ε≦*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

告知!!“冬のなりわい”体験ツアー

おはようございます!!事務局・張奕です(/ω\)

今日はこうじびら山の家からのお届けもの。
冬のお出かけは、コレで決まり!!張の一押しですょ(*ノv`)

-------------------------------------------------------------
「山のおかげで、生きてきた。」

炭をやき、猟師と歩く“冬のなりわい”体験ツアー

Sany0016_2
写真:昨年の一枚☆

マイナスの気温とはうらはらに、

炭やきの仕事は真冬も汗が流れ落ちる。
その熱風と炎の激しさは、実際に窯の前に身体をおかなくては味わえない。
郡上市明宝はその昔、「奧」のブランドで良質の炭を都会に売っていた。
山に暮らす人々の貴重な現金収入は、自前で燃料を生み出すことによっていた。

そう、自前で。自分たちの手で山の木を伐り、窯を築き、炭を焼く。焼き上がったら
里へ下ろす。
そのくり返し。

持続可能で再生可能なエネルギー。
山と、人の手があれば作れるのに。
ガスや電気は便利だけれど、はるか海外から運ばれてくる。なにかあったとき
石油資源は手に入らなくなるかもしれない、とても不安定なもの。
なによりたくさんのCO2を出してしまう。

炭はカーボンフリーだ。

近くの山の木を伐り、炭を焼いても、20~30年もすれば元の雑木林に戻る。そして再
び伐って炭を焼く。
山に人が関わることで、再生可能なエネルギーを生み出す事ができた。

そして、冬しか味わえない山の恵。
猟は冬しかできない。
野性味たっぷりのイノシシやシカは、山に入る男達がいるからこそいただくことがで
きる。
だが、猟師の数も年々減ってきている。

炭と猟。山で生きてきた人々の知恵と技は、継承の危機にある。
昔の話で終わらせていいのだろうか。

山にこそ未来の暮らしを作っていくヒントが、きっとある。
真冬の郡上へ、来たれ。


【主催】NPO法人こうじびら山の家
【日時】第1回:2010年1月30日(土)~31日(日)、第2回:2010年2月13日(土)・
14日(日)
【場所】こうじびら山の家とその周辺
【定員】各回20名
【参加費】大人8,500円 小学生6,500円 幼児(3歳以上)4,500円(宿泊費・食費・
体験料・保険料込み)
【申込〆切】第1回:1月20日(水)、第2回:1月27日(水)
【問い合わせ】こうじびら山の家(tel:0575-87-3039/
e-mail:koujibira@gmail.com

チラシのダウンロードはこちらから!
http://www.organweb.sakura.ne.jp/upload/koujibirawinter.pdf

◎お申込方法

STEP1:メールかFAXにて、次の【1】~【7】をお知らせください。

【1】氏名(ふりがな)
【2】ご住所(郵便番号も)
【3】電話番号(携帯可)
【4】生年月日(保険加入のため必要です)
【5】参加日程(1月 or 2月)
【6】集合場所までの交通手段(※郡上市八幡町までの送迎有り)
【7】今回のツアーに期待していること


STEP2:折り返し、詳細案内をお送りします。

※キャンセル料は次のとおりですので、あらかじめご了承ください。
7日前:参加費の30%、前日:参加費の50%、当日:参加費の100%

※最小催行人数各回10名です。

※本ツアーは「平成21年度 ぎふの田舎へ行こう!キャンペーン推進事業」
の一環ため特別価格のモニターツアーとして実施するものです。

※参加者のみなさまの個人情報は、当団体が責任を持って管理します。
今後、こうじびら山の家からイベントなどの各種情報をお送りすることがあります。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
郡上明宝“体験と交流のお宿” こうじびら山の家」
NPO法人こうじびら山の家
ホームページ
http://www.gujo-tv.ne.jp/~koujibira/
ブログ「きーちゃんの山の家奮闘記」
http://gazoo.com/G-Blog/MEIHOH_MURA008/Index.aspx

〒501-4306 岐阜県郡上市明宝畑佐137番地3の3
TEL:0575(87)3039  FAX:0575(87)3052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

こうじびらビストロ企画レポート

事務局張です。

ピア・佐藤さんより、『こうじびらビストロ企画』のレポートが
届きましたよー!!((w´ω`w))写真と共にご紹介させて頂きます。
以下、佐藤さんのコメントを一部『』で引用します(/ー\*)

Img_2014

『とれたて野菜のサラダ、ストレートにおいしかったです。
郡上味噌でおいしくいただきました。(*^ω^*)ノ彡
パン類はエアクアトロギャッツさんのもので、当然おいしかったですよ!』

Img_2028

『美世子さんがワインをサーブしている様子ですヽ(´▽`)/
今回、初めてワインをサーブしたそうです。』
「和」なイメージがあるこうじびらですが、
この夜は、見事に「イタリアン」に変身を遂げております( ´艸`)

Img_2105_2

『ごはんをたべながら外を見たらきーちゃんが薪を組んでいて、
食後に外でたき火をしておりました´ω`)ノ
寒かったけどみんな深夜までわいわいしました。』

Img_2006

『ちょうど中秋の名月だったので、月もキレイでしたよ。』
と佐藤さん。都会で見るものとは、ひと味もふた味も違うことは
想像に難くありませんc(>ω<)ゞ

Img_2150

ステキな演出も発見しました゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

200910040822000761896_8     

『朝起きたらきーちゃんが薪でご飯を炊いていた!
これがとてもおいしかったんです。』

以上、本当に楽しそうな佐藤さんのレポートでした(*ノv`)
そして、そんなレポートを見て、
とってもこうじびらに行きたくなってしまう張でした。。。
今年度中に必ずや!!とひそかに企んでおります(*^m^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

山の家ファン必見!こうじびらビストロ企画が開催されます!

事務局張です。今日は、こうじびら山の家より
素敵なステキなイベントの告知です(◎´∀`)ノ
元事務局・石川さんや現事務局・山内さんはじめ、
山の家ファンにはたまらない企画でしょう!!
お時間のある方は是非どうぞ~c(>ω<)ゞ

以下、告知文です~!

------------------------------------------------------
こうじびら山の家×エルクアトロギャッツ 
presents “山猫プロジェクト”

この秋、一夜限りのビストロへ!
美味しいパンとワイン、そしてイタリア仕込みの料理を
自然のなかでゆったりと・・・
夜長は焚き火でまったりと・・・

2009年10月3日(土)~4(日)【1泊2日】@こうじびら山の家

東海若手起業塾をきっかけに、ご縁をいただいた
同じ岐阜県は大垣に本拠地を置くベーグル屋
「エルクアトロギャッツ」さん
国産小麦・地産地消・安心安全でもちろん美味しい!
ベーグル・カヌレ・スコーン専門のお店です。

この秋、ちょっと大人な雰囲気の山の家を楽しんでいただく
スペシャル企画をギャッツさんとのコラボにてご用意しました!

お料理は、ギャッツさんの職人さんでもある河瀬鉄平氏。
イタリアで料理修行をしてきた本格派です。

ワインは鉄平さんのご友人ワイン商「アン・ベロ」
「ひでやん」こと大岩秀彦さん直々のセレクトです!

一夜限りのビストロへ、ぜひどうぞ!!

きーちゃんともんじは、
当日ウエイター/ウエイトレスでお待ちしております(^^)/

■お申込方法
メールかファクスにて

・お名前(何名かの場合は代表者の方)
・ご住所
・電話番号
・メールアドレス

をお伝えください。追って詳しいご案内をお送りします。

メールkoujibira@gmail.com 【件名:山猫プロジェクト】
ファクス0575-87-3052

■参加費:9,000円
(料理・ワイン・宿泊・明宝温泉のチケット込みです)
■定員:20名(先着順)
■〆切:9/28日(月)

---------------------------------------------------------------
NPO法人こうじびら山の家

TEL:0575-87-3039
FAX:0575-87-3052
E-Mail:koujibira@gujo-tv.ne.jp(事務用)/koujibira@gmail.comお問合せ用)
〒501-4306
岐阜県郡上市明宝畑佐137番地3の3
ホームページ http://www.gujo-tv.ne.jp/~koujibira/
ブログ http://gazoo.com/G-Blog/MEIHOH_MURA008
---------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

ボランティア企画@こうじびら山の家

事務局張です。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
今日から5連休の方も多いのではないでしょうか。

ブラザー工業の社員さんが、8月末にこうじびら山の家に
泊り込みでボランティアに行きましたよ!
今日はその様子を写真にてご紹介します(*v.v)。

Imgp3236_s

お馴染み!きぃちゃん(左奥)と河合(旧姓もんじ)さん(右奥)。
ブラザー社員さんを迎えて、ボランティア企画のミーティングです!!

Imgp3246_s

早速、森(裏庭!?)へヽ(´▽`)/ 葉っぱを採取している模様。
張は同席していないので、想像でのレポートですが、
この景観を見るだけで、わくわくしてきます(*^ー゚)b

Imgp3398_s

二日目は、労働組合の企画で沢山の親子連れが山の家を訪れました。
こちらの写真は、レクチャー中のきぃちゃん。
後ろで、ブラザーの旗がなびいてます(◎´∀`)ノ

Imgp3450_s

ブラザー工業の間瀬さん(写真右)、すっかりパパになってます(w´ω`w)
ほのぼのする光景ですね!!

Imgp3586_s

子供たちの笑い声が、今にも聞こえてきそうです(/ー\*)

Imgp3623_s

皆さん!!お疲れ様でした~(。・ω・)ノ゙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

ピア佐藤さんの、ブリアンブラン+こうじびら山の家めぐり(2)。

石川です。
前編に引き続き、「こうじびら山の家」訪問編を。
この日、こうじびら山の家は一周年記念でした。

Img_0344

オープンに寄せられたメッセージと(左から)十文字さん、佐藤さん。

Img_0352

手作りのお蕎麦。そばつゆの入っている容器が洒落ております。
これも手作りなんでしょうか。

Img_0345

なんとなく、木材が増えている気がします。
写真をみるだけでまた行きたくなる、こうじびら山の家。
きっと山内さんもこの写真を見てしみじみそう思うことでしょう。

Img_0357

さらにワイルドになったように見える、きーちゃん(畑人)。

Img_0384

そろそろ、こうじびら山の家の季節です。
予約でいっぱいになってしまう前に、ぜひ一度ご訪問を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

ピア佐藤さんの、ブリアンブラン+こうじびら山の家めぐり(1)。

石川です。
ピアの佐藤さんが、ゴールデンウィークに
ブリアンブランとこうじびら山の家を訪問されたそうです。

浜松から、木曽川経由はるばる郡上へ。長き道のりです。
写真をいただいたので、ここで紹介いたします。

Img_0329

久しぶりのブリアンブラン。青い空にお店が映えます。

Img_0332

ちょっとワイルドになった感じがする、腰痛から復帰した野田シェフ。
(と佐藤さん・右)

Img_0335

相変わらずおいしそうなブリアンブランのケーキです。
あんまりフルーツ好きではない石川でも
おいしく食べられる、フルーツのスイーツ。

Img_0330

腰痛に負けず、がんばってください!!
事務局もまたブリアンブラン詣でをしたいと思います。
「後編・こうじびら山の家一周年」に続く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

郡上・雑穀夜話 ~ぐじょう・ざっこくやわ~ のご案内!!

事務局の石川です。
こうじびら山の家で、食にまつわるイベントが開催されます。
以下、紹介です。味噌と雑穀、どっちも美味しそうです。
個人的には、「郡上の」雑穀ってのが気になりますね。


-------------------------------------

郡上・雑穀夜話 ~ぐじょう・ざっこくやわ~
雑穀は、この土地で生きてきた人々の「命の糧」。
絶やさずにつないでいくために、今できることはなんだろう?

食と農、そして地域の未来を遠くに見ながら
真剣に、でも深刻でなく。
みんなで車座になって語り合いましょう。

第1回「郡上の雑穀、その姿」

講師:庄村敏氏(郡上市八幡町「庄村米穀店」店主
http://www.gujo.com/town/rice/)
日時:2008年3月24日(火)19:00~21:30
定員:30名
場所:明宝地域コミュニティセンター2階和室(郡上市明宝二間手532 ℡
0575-87-2016)
参加費:500円(資料代・会場代カンパとして)

申込:電話【0575-87-3039】FAX【0575-87-3052】、
またはEメール【koujibira(アットマーク)gmail.com】
① お名前
② 参加人数 
③ 連絡先(携帯でもOK)    をお願いします。

電話は20:00まででおねがいします。メールの場合は件名を「雑穀夜話」としてくだ
さい。
平成20年度 (財)都市農山漁村交流活性化機構「山村再生プラン」採択事業

○○○○○○○○ 

“まめの旅・まめな旅”
豆からはじまるスローツアー 初心者編 「味噌をめぐる旅」

こうじびら山の家で丸一年前に仕込んだ味噌を開けます!

ドキドキの試食にお昼はやっぱり味噌料理。
地産地消のスローなお昼をみんなで作っていただいた後、
明宝は寒水(かのみず)に現役の「味噌部屋」を訪ねます。

日時:3月29日(日)10:00~16:00ごろ
定員:10名
場所:こうじびら山の家と郡上市明宝地域
参加費:一般3,500円、会員3,000円(昼食代、保険料を含む)

申込:電話【0575-87-3039】FAX【0575-87-3052】、
またはEメール【koujibira(アットマーク)gmail.com】

① お名前
② 参加人数 
③ 連絡先(携帯でもOK)    をお願いします。

電話は20:00まででおねがいします。
メールの場合は件名を「味噌をめぐる旅」とし
てください。

「まめの旅・まめな旅」とは?
豆からはじまる味噌・醤油・納豆・豆腐などを地域に訪ねる食農ツアーです。

日々いただく食べものを
自分たちの手で
少しずつでも
楽しみながら

田舎の人も都会の人も一緒に作り、味わい、時々学ぶ。
そんなツアーをめざしています。

主催:NPO法人こうじびら山の家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

こうじびら山の家、第7回戦略会議

事務局の石川です。今回はこうじびら山の家の、
第7回戦略会議の様子をお伝えします。
毎月戦略会議をマイルストーンに、事業をまわしてきた
こうじびらの、第7回にして、最後の戦略会議になります。

最後はやっぱり、山の家でしょ、ということで一路郡上・明宝へ。

Sany0016_2

すっかり雪景色のこうじびら山の家と、楽しそうな山内さん。
しかしその気持ちはよく分かります。写真には写っていませんが、
僕はさらにはしゃいでいました。

Sany0019

振り返ると、遠くの山々が見えます。
ただただ山が見えるこの景色は、こうじびら山の家ならでは。

こんな山の家だからこそ、かつて畑左(山の家がある地域)の人たちは、
ここに集まって飲んだり話したり、楽しい時間を共有したのでしょう。

Sany0037

さて、会議です。今回の議題は、これまでの振り返りと、
来年度の営業計画の確認とブラッシュアップ。
十文字さん作成の営業計画表に基づいて、議論を交わします。

一年がむしゃらにやってきた活動の結果として、
数字と実感に基づいた話し合いが進んでいきます。

Sany0028

休憩時間には、山の家炒飯をふるまっていただきました。
このコンロ(?)ですが・・・

Sany0027

こんな感じで、山の家大広間の暖房器具を兼ねています。
というか、暖房器具で調理もできます。十文字さんとその暖房器具。

炒飯を食べながら、大家兼理事の畑左さんを交え、
この地域が将来どうなっていったらいいだろうか、とお話。
こういう方がいて、こうじびらの事業があるんだなぁと、実感します。

Sany0043

他にも色々と話し合いましたが、総括は最終報告会にて!!
今回も、心落ち着くこうじびら山の家でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

雪・雪・雪

事務局の石川です。
あんまり雪がふらない名古屋なんですが、
ちらちらと、雪が降っておりました。

そうなると気になるのは、今週に実施される
こうじびら山の家の戦略会議です。場所は岐阜県郡上市・明宝。
いけるのかな~、と思っていたら、雪の様子がさっそく
きーちゃんのブログにアップされておりました。

「降ってます・・」きーちゃんの山の家奮闘記

戦略会議の当日に、軽トラが埋まってないことを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

WEBで見る、起業家さんの近況などなど。

事務局の石川です。
連休明けから、怒涛の戦略会議ラッシュになるのですが、
それまでちょっと予定がないので、WEBをまわってひろった、
起業家さんの近況報告をまとめます。

まずは、ブリアンブラン、野田さん。この記事はかなり心温まります。
地域の素材を料理するパティシエ・野田さんですが、
コンセプトだけでなく、大切にしているものがあるのだと教えられます。

「クリスマスの反省」パティシェールブリアンブラン

次に、こうじびら山の家。
冬の山の家にいってみたいな~と思っている僕ですが、
また行きたくなる写真付き日記でした。

「炭焼き窯作り第二弾!」きーちゃんの山の家奮闘記

三人目は、ヘアサプライピアの佐藤さんです。
ちょっと、サイトが新しくなったようです。
作りかけみたいですが、今後の展開に注目。

ヘアサプライピア

最後に、三州フルーツ工房の鈴木さん。
元旦に長男誕生という、嬉しいニュースが届きました。
さっそく親バカになっているとのことです。
事業推進にも、一層熱がはいりますね。

新年あけて、皆さんに戦略会議で会うのが楽しみです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

こうじびら山の家のお二人と話す会、鈴木さんのラジオ出演。

事務局の石川です。
以前一度告知しましたが、改めて連絡したいと思います。

1月19日(月)19:00~20:30、岐阜市のNPOプラザにて、
こうじびら山の家のお二人がお話をされます。テーマは、
「大好きな田舎で生きていくために私たちがはじめたこと」。

詳細は、下部の告知をご覧ください。
僕も、修士論文さえ終わっていたらぜひ行きたいです。。
しかし北村さんが保育士というのは初めて知りました。
どうりで子どもウケがいいわけです。

さて、こちらも改めてですが、三州フルーツ工房の
鈴木さんが、本日ラジオ出演の予定です。

CBCラジオの17時くらいから、ということです。
お時間のある方は、ぜひどうぞ!!

----------------------------------------------

地域主体の国際協力・岐阜
DDC(=Decentralized Development Cooperation)-GIFU
2009年1月定例会のお知らせ

○北村周さん(NPO法人こうじびら山の家代表)&
 十文字美世子さん(NPO法人こうじびら山の家副代表)とお話する会

○テーマ:大好きな田舎で生きていくために私たちがはじめたこと

○北村周(きたむらあまね)さんのプロフィール:
1983年兵庫県神戸市生まれ。若き野生児。大学在学中に岐阜県郡上八幡にあ
る「山と川の学校」に出会い、清流吉田川に一目惚れする。在学中は自然体験の
インストラクターとして活動し、大学卒業後、郡上に移住してキャンプ場跡地を
体験型交流宿泊施設としてボランティアの手を借りリフォーム&リニューアル。
そこを拠点にNPO法人「こうじびら山の家」を設立する。現在、こうじびら山の
家と地域をフィールドに、持続可能な新しいライフスタイルの確立を目指してい
る。保育士。

○十文字美世子(じゅうもんじみよこ)さんのプロフィール
1977年青森県六戸町生まれ。体験と交流のお宿「こうじびら山の家」の運営
を通じて、山村で若者の仕事づく り、ひいては地域づくりに取り組む。個人で
は田舎に力を取りもどすための企画・調 査・支援を行う。法人でも個人でも役
どころコーディネーター。田舎の生活文化を高齢者から聞き書きするのがライフ
ワーク。
田舎情報誌 「季刊里山の袋」http://www.windsnet.ne.jp/satoyama/index.html
コミュニティペーパー「月刊かしも通信」http://kashimo.info/blog/index.phpで連載中。調理師。

○北村さん&十文字さんのメッセージ:NPO法人こうじびら山の家
http://www.gujo-tv.ne.jp/~koujibira/
2007年設立。「田舎で若者がいきいきと暮らせる仕事と仕組みを創ること」を通
じて、田舎の地域社会づくりに貢献するのが目的のNPOです。地域活性化には若
者の存在が欠かせませんが、田舎には若者が少ない!のが現状。でも、田舎に暮
らしたい若者もいるのです。どうすれば、豊かな人と自然の関係性を含めた「田
舎」あるいは「里山」を次世代につなげていけるのか?設立から一年、地域の暖
かい目と時々の叱咤激励に支えられながら、考えつつ身体も動かす、模索の日々
です。

○日時:1月19日(月)19:00~20:30

○場所:ぎふNPOプラザ(岐阜県県民ふれあい会館2階)
 〒500-8507
 岐阜県岐阜市藪田南5-14-53
 電話番号:058-372-8501、ファックス:058-372-8502
 JR西岐阜駅(東海道線にてJR名古屋駅から快速で約20分)から徒歩約20分
 (県民ふれあい会館へのアクセス http://www.gifu-fureai.jp/map/map.html )

○参加費:500円

○お問い合わせ・お申し込み
 世話人:伊藤かおりEmail: kao(アットマーク)va.u-netsurf.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

起業家の年末、その1。

事務局の石川です。
今回は、起業家の年末の様子をお届けします。

まずは、こうじびら山の家。
年末だからといって、こうじびらの田舎生活に休みはありません。
最近、炭焼き窯つくりの様子がアップされていました。

Sbsh0058

都市生活はいろんなハイテクに支えられている、というか依存している
わけですが、こうじびらのお二人の生活を覗いてみると、田舎生活も
どれほど豊かな知見の蓄積によって成り立っているか、ということが
わかって本当に面白いです。ひとつひとつが、新鮮です。

次に、ヘアサプライピアの佐藤さん。
相変わらず忙しく、お客さんと向き合って日々の仕事を
されているようですが、思わぬ贈り物があったそうです。

Image

日経ウーマンオブザイヤーの授賞式で出会った、ハウス食品と、
ワニブックスの方から、それぞれ送られてきたそうです。
シチューを味わいつつ読書などし、ぜひ、年末年始くらいは
ゆっくり過ごしていただきたいなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

こうじびら山の家・第六回戦略会議

事務局の石川です。
色々と会議づくしだった12月11日ですが、
今回はこうじびら山の家の、第六回戦略会議でした。
以下にて、その模様をお伝えします。

会場は第四回戦略会議の場所と同じ、momoの事務所です。
営業帰りの山の家チームと合流し、会議スタート。

Sany0003

営業計画のふりかえりと改善に熱心なきーちゃん。
絶対に郡上で生きられる場所をつくってやる。
という想いが、語らずともひしひしと伝わってきます。

事業が回りだすにつれて、現実的な問題が増えてきます。
それに沿って、色々な心境の変化もあるようです。
改めて、自分にとって山の家とは?と問うもんじさん。

Sany0004

そしていつもナイスファシリテーションの木村さん。
「石川くん、何かいいたそうだねぇ」とふられるのがたまりません。
空気を察知し、いい空間を作り上げてくれます。

Sany0005

営業計画を考える山内さん。今回は、山内さんがETIC.を創業し、
事業を進めていく上でどうしたか、という具体的なお話がありました。
頼れる起業塾のアニキです。

少しずつ、こうじびら山の家のよさを伝える方法や、
自分たちがどこを目指しているかが明らかになってきています。
年明けの最終戦略会議や報告会が楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

こうじびら山の家の北村さん・十文字さんとお話する会!

事務局の石川です。
今回はこうじびら山の家のイベント告知です!!

地域主体の国際協力・岐阜
DDC(=Decentralized Development Cooperation)-GIFU
2009年1月定例会のお知らせ

○北村周さん(NPO法人こうじびら山の家代表)&
 十文字美世子さん(NPO法人こうじびら山の家副代表)とお話する会

○テーマ:大好きな田舎で生きていくために私たちがはじめたこと

○北村周(きたむらあまね)さんのプロフィール:
1983年兵庫県神戸市生まれ。若き野生児。大学在学中に岐阜県郡上八幡にあ
る「山と川の学校」に出会い、清流吉田川に一目惚れする。在学中は自然体験の
インストラクターとして活動し、大学卒業後、郡上に移住してキャンプ場跡地を
体験型交流宿泊施設としてボランティアの手を借りリフォーム&リニューアル。
そこを拠点にNPO法人「こうじびら山の家」を設立する。現在、こうじびら山の
家と地域をフィールドに、持続可能な新しいライフスタイルの確立を目指してい
る。保育士。

○十文字美世子(じゅうもんじみよこ)さんのプロフィール
1977年青森県六戸町生まれ。体験と交流のお宿「こうじびら山の家」の運営
を通じて、山村で若者の仕事づく り、ひいては地域づくりに取り組む。個人で
は田舎に力を取りもどすための企画・調 査・支援を行う。法人でも個人でも役
どころコーディネーター。田舎の生活文化を高齢者から聞き書きするのがライフ
ワーク。
田舎情報誌 「季刊里山の袋」http://www.windsnet.ne.jp/satoyama/index.html
コミュニティペーパー「月刊かしも通信」http://kashimo.info/blog/index.phpで連載中。調理師。

○北村さん&十文字さんのメッセージ:NPO法人こうじびら山の家
http://www.gujo-tv.ne.jp/~koujibira/
2007年設立。「田舎で若者がいきいきと暮らせる仕事と仕組みを創ること」を通
じて、田舎の地域社会づくりに貢献するのが目的のNPOです。地域活性化には若
者の存在が欠かせませんが、田舎には若者が少ない!のが現状。でも、田舎に暮
らしたい若者もいるのです。どうすれば、豊かな人と自然の関係性を含めた「田
舎」あるいは「里山」を次世代につなげていけるのか?設立から一年、地域の暖
かい目と時々の叱咤激励に支えられながら、考えつつ身体も動かす、模索の日々
です。

○日時:1月19日(月)19:00~20:30

○場所:ぎふNPOプラザ(岐阜県県民ふれあい会館2階)
 〒500-8507
 岐阜県岐阜市藪田南5-14-53
 電話番号:058-372-8501、ファックス:058-372-8502
 JR西岐阜駅(東海道線にてJR名古屋駅から快速で約20分)から徒歩約20分
 (県民ふれあい会館へのアクセス http://www.gifu-fureai.jp/map/map.html

○参加費:500円

○お問い合わせ・お申し込み
 世話人:伊藤かおりEmail: kao(アットマーク)va.u-netsurf.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

大学で、こうじびら山の家発見。

事務局の石川です。
週末、大学に行ってきました。とあるシンポジウムが目的です。
テーマは、おおざっぱにいえば「都会と田舎をつなぐ」というもの。

個人的に興味があることもあり、基調講演のみ出席しました。
そこの受付で発見したのが、このチラシ。

Image103

思わずケータイで撮ってしまいました。
こうじびら山の家は着々と、都会と田舎をつないでいるようです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

こうじびら山の家、晩秋の炭焼き窯づくり

事務局の石川です。ですが、今回の文章と写真は、
こうじびら山の家のもんじ(十文字)さんよりお届けします。
山の家の秋の風景を、堪能してください!

0

11月中旬、山の家までの坂道から見た山はまだまだ名残の紅葉でした。


1

それが10日たたないうちに、今年の初雪が!地元の方も驚く早さだそうです。
初雪がまだ残るなか、炭焼き窯をつくりはじめました。


2

地元のじいちゃん2人が先生。これ何を作っていると思います?
土を塗り固めていくための「コテ」なんです。
必要なものはその場で作っていく知恵と技がどんどん繰り出される窯作り・・・。


3

屋根がかぶって一段落。お清めの儀式もしました。山の家を支えてくれている
ママ&子どもたちもやってきて記念撮影です。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

こうじびら山の家、第五回戦略会議を実施!

すっかり寒くなってきました。事務局の石川です。
こうじびら山の家の第五回戦略会議の模様をお伝えします。

今回の会場は、アスクネットさんの事務所会議室をお借りしました。
戦略会議の直前に、アスクネット毛受さんや白上さんらに、営業について
アドバイスをいただき、続けて戦略会議、というスケジュールです。

Sany0003

営業会議の様子。僕が読んでいるのは新聞の、子ども向け旅行企画欄です。
さぼって新聞読んでるわけではありません。北村さんは、見てのとおりちょっと風邪。
週末にお客さんを迎えるので、悪化させないよう慎重に過ごしているそうです。

Sany0007

中央左、アスクネット毛受(めんじょう)さん、その右に白上さんです。
和やかな雰囲気の中、営業に役立つ貴重な情報を、たくさんいただけたようです。

さて、営業会議後は、続けて後半の戦略会議です。
起業家と担当コーディネータ、事務局で、じっくり営業戦略を詰めます。

元々は、前回戦略会議からのふりかえりと、前半で得たアドバイスをもとに、
再度営業戦略を修正することが目的でした。

しかし、改めて3年後の目標設定をとらえなおすこと、
また、山の家が活用されているとはどういう状態か、そのために
自分たちはどうなっていたいのか、という議論に熱がはいります。

北村さんと十文字さんは、本質的に同じところを目指していますが、
それぞれ思考方法が異なるので、そこに至るアプローチも異なります。
それぞれの想いのぶつかり合いの中で、事業がより磨かれていくのを感じます。

木村さんのファシリテーションがところどころうま~く入り、
次回に向けたアクションプランを決定し、閉会。いつも以上に、熱い会議でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

こうじびら山の家に、ブラザー工業社員さんが宿泊。

事務局の石川です。
こうじびら山の家へ、間瀬さんをはじめとする
ブラザー工業の社員さん数名が田舎生活体験に行かれたそうです。
その様子は、きーちゃん(北村さん)のブログへ!!

リンク:ブラザーのみなさんと☆|きーちゃんの山の家の奮闘記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

こうじびら山の家、第四回戦略会議を実施

事務局の石川です。
10月17日、コミュニティユースバンクmomo事務所にて、
こうじびら山の家の、第四回戦略会議を実施しました。
参加者は、北村さん、十文字さん、担当コーディネータの木村さん、
ETIC.山内さん、そして事務局の僕、石川です。

中間報告会で、ふたりと施設の稼働率を明確にし、
どれだけ動け、何ができるのを明確にしたこうじびら山の家。
それから、何件かの営業もこなしたようですが、その中で
いくつか課題が浮かび上がってきたようです。

Sany0098

それは、営業先に行くことはいくのだけど、あまり手ごたえがないということ。
営業先に見える個人のお客さんに、話が届いていない、ということでした。

とはいえ、しっかりと思いが伝わり、山の家を利用して下さるお客さんも、
ちゃんといます。営業結果としては、悪くないようにも思えるわけです。

Sany0102

ここで、お悩み解決のスペシャリスト・山内さんが登場。
「うまくいかなくても、そのとき、ニーズが拾えただろうか」
「ちゃんと伝える努力を、最大限にしただろうか」
こういった視点で、改めて営業計画を考えなおします。

先ほど引用した名古屋大学・高野先生は、多くを話さなくても
伝わるような方です。そうでないお客さんに、共感していただく
ためには、思いを出すだけでなく、しっかりお客さんのニーズに
向き合うことが重要、という結論にいたりました。

こうやって書いてみると当たり前のようにも聞こえるのですが、
これがなかなか難しいわけです。改めて、この気づきを元に、
今後の営業計画を構築しました。また、できるだけ効率よく、
仲間作りをしていくための露出作戦なども考えます。

ハイシーズンがひと段落して、これからは仕込みの時期、
ある意味では苦しい時期でもあるでしょう。
ここで踏ん張って、来年多くの人に楽しんでもらえるよう、
たくさん種をまいておけたら、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

こうじびら山の家・プログラム体験!

事務局の石川です。
前回のブログに引き続き、こうじびら山の家ネタです。

戦略会議を夕方に終了した後、
「現場を知るにはまずは自分がお客になるべきである」
という事務局哲学から、宿泊を決定。

Koji3

きーちゃん(北村さん)は、夕方にみえるお客さんのため、縁側で魚を調理。
そしてちょっと時間の空いた事務局一同+ブラザー工業・間瀬さんは、川へ。

Sany0388

泳ぐ気マンマンで川へ乗り込んだ一同でしたが、
夕方で日陰になった川岸は涼しく、水は冷たすぎ、断念。

夜は、地域名物「けいちゃん」を食し、就寝。

翌朝、四時に起きた僕は、裏山を散歩。残念ながら動物には会えず。。
その後、事務局長、ETIC.山内さんときーちゃんと、釣りへ。

Sany0417

山内さんが普段以上に燃えていました。
キレイなアマゴが数匹釣れました。

Koji4

丸揚げしたアマゴ、自家製野菜の漬物をおかずに、朝食。うまい!

朝食後は、山の家の畑へ。
いも掘りと野菜の収穫をします。

Koji5

じゃがいもの葉っぱの先に、小さい緑色のトマトがついていました。
きーちゃんに聞いたところ、じゃがいもとトマトが親類だということを、はじめて知りました。
食べているにも関わらず、知らないことって多いものです。(僕だけでしょうか)

Koji6

収穫した野菜。

Sany0439_2

畑で確保した新種のイモリ(?)

とても楽しい、こうじびら山の家暮らし体験でした。
いずれ就職したい・・!と思えるような素敵な事業です。
半年間、持続可能な経営状態にもっていける、しっかりサポートしていきます。

☆後日談
・じゃがいもは茹でて(皮がころっとむける)岩塩をふって食しました。うまい!
・きーちゃんもびっくりの新種イモリは、亜種だったそうです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

こうじびら山の家・第一回戦略会議

事務局の石川です。
今日は、先日実施されたこうじびら山の家の、
第一回戦略会議の模様をレポートします。

場所は、岐阜県郡上市にある『こうじびら山の家』。
古民家をリフォームした、「暮らしの中で遊ぶ」体験宿泊所です。

Koji1

きれいにリフォームされています。山の中腹にあり、
裏を小川(?)が流れるという素敵なロケーション。

Sany0379

思わず遊びたくなるわけですが、目的はあくまで戦略会議。
さっそく、今後の計画と具体的な目標のブラッシュアップに取り掛かります。

今回、キックオフ合宿とはまるで雰囲気が異なり、ゆる~い感じです。
会場と服装が違うだけで、こんなに違うものなのか、と思うほど。
個人的にはこっちのほうが開放的で、好きです。

Koji2

しかし、内容は決してゆるくありません。
コーディネーター木村さんのファシリテーションによって、
参加者からバシバシ質疑応答。同時にブレストも進んでいきます。

議論の内容のうち、戦略的な部分はここで明らかにできませんが、
斬新かつ、差別化されたコンセプトに到達したと思います。
それをうまくお客さんに伝えて実施すること、そしてしっかりと実践から
フィードバックを得ること、が直近の重要タスクになります。

ちなみにプログラムは、ちょっと挙げるだけでも、こんな感じです。
・イモほって、すぐ料理
・清流魚釣り
・夜の清流で魚狩り(不思議なツールを使う)
・土づくり(?)

上記は僕が心ひかれたプログラムを数点挙げただけですが、
北村さん・十文字さんは、すでに数十のプログラムを準備されてます。

そしてそのうち何点かは、聞いても意味のわからない
マニア心をくすぐる体験プログラムとなっております。

プログラムが気になる方は、こうじびら山の家まで、
直接問い合わせてみてください。

・きーちゃん(北村さん)の山の家奮闘記

戦略会議・その後は、実際にプログラム体験へ。
次回ブログに続きます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Contents