東海若手起業塾

BLOG

東海若手起業塾事務局ブログ

第1期:パティシェールブリアンブラン

2009年11月28日 (土)

名城高校×野田さんの「キャベ酢コーン」登場!

ご無沙汰の元事務局・石川です。
最近野田さんと近況メールのやりとりをしていたこともあり、
ちょっと今回、記事を書かせてもらうことになりました!

前回、事務局・張さんが振るだけ振っておいた「ふるさと農林水産フェア2009」
大盛況だったようで、3日間の販売予定が2日で売り切れてしまったそうです。

・名城高校の生徒さんと、野田さんの写真はこちらから。
(農林水産フェア2日目 名城高校20092S3 校外学習報告ブログ)

学校・地域企業・行政、そして野田さんのコラボによる今回の「キャベ酢コーン」。
かつてメンターさんが「あなたは地域の魅力をデザインするパティシェになりなさい」
といっていたのをふと思い出しました。

起業塾期間が終わってからもますます活躍している野田さん。
これからの動きに注目です!


P.S.ちなみに朝日新聞にも掲載されていたとのこと。
キャベ酢コーンの味が気になります。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

野田さん、高校生とタイアップしたスイーツを製造&販売!

張です。(*^ー゚)b

今日は、一期生・野田さんが
『高校生とタイアップしたスイーツを製造して、販売を行います!』
という、ニュースです。以下、紹介文の一部抜粋です(/ω\)

『名城大学附属名城高校の「ビジネスⅠ」の授業では、
社会や消費者に求められ、社会課題を解決するビジネスや
商品づくりについて、年間を通して学んでいます。
その中で、今年度は、地産地消をテーマにした、
お菓子の商品開発に取り組みました。

生徒は、地産地消をテーマに、企業へのインタビューや
調べ学習を進め、商品案を練り上げ、
野田さんにプレゼンテーションを行いました。
そして、その中から選ばれた「キャベ酢コーン」を商品化しました。

無農薬のキャベツや愛知県産の小麦粉を使用し、
地産地消と、食の安全性にこだわり製造した商品を、
生徒と野田さんが「ふるさと農林水産フェア」にて販売します。』

どのような商品なのでしょうか。
非常に興味があります((w´ω`w))
是非、事務局にも送っていただきたいです~☆

さて、気になる農林フェアは今月22日に行われます!!
お近くの方はお出かけください。(*^.^*)詳細はこちらまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

ヘアサプライピアの店舗移転&第8回『女性起業家大賞』スタートアップ部門受賞!と、ブリアンブランの日曜開店!

元・事務局の石川です。ご無沙汰してます。
事務局がお盆休み(?)ということで、代わりに書いていいよ、
と張さんに許しを得たので、久しぶりに書いております。

ということで、最近のニュースをいくつか。
まずは、表題のとおりですが、ヘアサプライピアが移転されたそうです。
詳しくは、こちらのブログから。
一階になって、車椅子でも利用しやすいお店になったそうです。

さらにさらに、第8回日本商工会議所女性起業家大賞の、
スタートアップ部門特別賞を受賞されました!

ちなみに、パティシェールブリアンブランの定休日が、
日・月から、月曜日のみになったそうです。
力強いメッセージから意気込みが伝わってきます。

僕が今いるところのケーキは実に大味で毒々しい感じなので、
本当に野田さんのスイーツが懐かしく思えます。
蛍光オレンジとか真緑色のケーキがメジャーです。
帰ったらブリアンブランに食べにいきたい。。
野田さん、よろしくです。おまけのカレーも。

ニュースやブログをみていると、一期生の皆さんも自分の持ち場で
がんばっているな~と、なんだか心強い気がします。
二期生の発表会には行けますように!と願いつつ、
僕も持ち場でがんばるぞー、と思うお盆です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

続・ブリアン訪問記

梅雨入りしたとは思えない、快晴続きの東海
からこんにちは(◎´∀`)ノ張です。

引き続いて、ブリアンブラン訪問記を書いてます。
今回はブリアンの近況について(/ω\)

現在、カフェスペースがお休み、ということで、
ケーキ屋の厨房に入らせて頂きました(*^.^*)
そこで張が目にしたのは、大量の卵やケーキ生地
に加えて、山積みされた玉葱のスライスヽ(´▽`)/

お菓子の原料に使われるのかと思いきや、
ダイエット中の野田さんのお昼ご飯とのこと(*´σー`)
「商売にビジュアルは欠かせない!!」と笑う
お茶目な野田シェフでした~r(^ω^*)))

Dsc05972

野田シェフ(左)と元事務局石川氏(右)@ブリアンブラン厨房

さて、野田さん率いるブリアンブランですが、
地元一宮市にて5月初旬に行われた
「杜の宮市」にて、NPOつなはぴと協力して
地元食材を使った洋菓子の販売を行った
そうです゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

以下、中日新聞より抜粋
市内でとれた新ジャガイモや新タマネギを
使ったパウンドケーキ、一宮特産の切干
大根入りクッキー等を、着物の古布で作った
巾着に入れて販売しました。

巾着にお菓子!!素敵ですねー(*^ー゚)b
雑貨が大好きな張にとって、非常にそそられる
商品です。欲しかったなぁ((w´ω`w))

ついつい長居をしてしまった今回の訪問。
野田さん、お邪魔しました~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

ブリアン初訪問

こんにちは、張です。

先月末、噂のケーキ屋、ブリアンブラン
事務局ブログでお馴染みの石川氏と行って
きましたよ~。ブログの画面上でしか味わえ
なかったケーキと念願の初対面です( ´艸`)

彩り鮮やかなショーケースを覗いていると、
見覚えのあるキャッチフレーズを発見ヽ(´▽`)/

Dsc05965

そうです!このケーキ、三房フルーツの
ソフトドライいちじくを用いているのです(*ノv`)
レアチーズに、いちじくの程よい甘さがプラス
されて、思わず笑顔になってしまう一品!
ビバ!コラボレーション!ですね(*^ω^*)ノ彡

Dsc05969

こちらは、りんごのタタン´ω`)ノ
りんごとシナモンのゴールデンコンビは
昔から女の子に愛される一品((w´ω`w))

Dsc05970

こちらは、メロンを丸ごと使ったスイーツ!
熟し具合がポイントですヾ(´ε`*)ゝ

後ろにいくつも皿が見えてますが・・・
他にも、醤油のスイーツとスフレチーズケーキ、
全部でなんと!4つものケーキ(2人で8つ)を
平らげてしまったのです(*^ー゚)b
野田さん、ごちそうさまでした(ノ∀`)・゚・。

一度食べると癖になるブリアンのスイーツ群。
皆さんも是非是非訪れてみてくださいね( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

醤油生キャラメルが大人気といううわさ。

事務局の石川です。
あぁ、あと何回このブログもかけるのでしょうか。
二日に一回だとすれば、23、25、27、29、31。
たった五回しかありません。

思えばたくさん書いたものよ。。と思いだしつつ、
今回は人気爆発、パティシェールブリアンブランと
山川醸造のコラボレーション・スイーツの紹介です。

山川醸造さんのホームページ

このスイーツにとって仲人にあたる秋元さんいわく、
「とてつもなく人気」とのこと。ホワイトデーのお返しは
これでいこうかな、と今頃思っている石川です。

さて、事務局も来年度に向けて、
新体制作りに励んでいます。
新しいメンバーに出会えることが楽しくもあり、
肝心の第二期生に会えないことが、残念でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

ブリアンブラン×山川醸造、中日新聞に掲載!!

事務局の石川です!
今回はなんとしても伝えなきゃいけない嬉しいお知らせが。
コーディネータの秋元さんに教えていただいた以下の記事!

まろやかな甘さ味わって しょうゆ生キャラメル発売(中日新聞WEB)

G-netのインターン受け入れ企業である山川醸造さんと、
おなじみパティシェールブリアンブランのコラボスイーツです。

この件、コーディネートしたのは、G-netの秋元さん
起業塾が終わっても、しっかりと地域のリソースがつながり、
新しく面白いモノがつくられていっているようです。

ちなみに、写真の男前。そうです、カリスマ西願さん。
こちらの記事でブリアンブラン店舗クリニックを手伝っていただきました。

Ca330027

懐かしいですね~。食べなきゃいけない気がしてきました。

食べたい!という方は、山川醸造さんのホームページへ、
なんか企画したい!という方は、秋元さんへご一報
ケーキ食べたい!という人はブリアンブランまでそうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

ブリアンブラン、最後の戦略会議(後編)

事務局の石川です。
今回は、タイトルの通り、前回に引き続き、
パティシェールブリアンブランの会議の様子をお伝えします。

Sany0059

と、いいつも会議の前の様子です。「まかないカレー」を野田シェフが
つくってくれました。バターライスと合わせて、このカレー、うまい!!
さらにおやつにケーキつき。会議に向けて気合が入ります。

会議中は、改めてブリアンブランがどのようなお店としてやっていくのか、
今年一年で何が変わったか、という話をしました。奥さんと野田さんの
お話に感動しすぎて、写真を撮るのを忘れまてしまいました。。

ここ数カ月の繁盛は、お二人の想いが見事にお客さんに
伝わった結果だと思います。そのあたりのいきさつは、
是非最終報告会に聞きに来てください。

Sany0056

お店の内装も(そしてトイレまで!)野田夫妻のこだわりが
伝わってくるものとなっております。

Sany0064

売り子・山内氏。この徹底した現場主義が、起業支援家たる由縁。

こうじびら山の家に引き続き、ブリアンブランさんの最終報告も
楽しみになってきました!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

ブリアンブラン、最後の戦略会議(前編)

事務局の石川です。
今日は、14日の夜に行われた、パティシェールブリアンブランの
最終戦略会議の模様をお伝えします。

この日、こうじびら山の家の戦略会議@郡上
コーディネータミーティング@金山と続き、
最期の地は、ブリアンブラン店舗@木曽川町であります。

Sany0052

閉店前にお店へ。季節によって少しずつ変わるショーケースの中身と、
同じく少しずつ変わっていく店舗POPを見るのは、いつも楽しいです。

Sany0053

見た目に美しく、おいしいケーキたち。
ラ・フランスのケーキ、食べてみたいです。。

Sany0054

おそらく食べ方に困るであろうダイナミックなミルフィーユと、
一味違うオーラを放つ、いちごのショートケーキ。
いつも思いますが、野田さんのケーキはスポンジの間の具(??)
の調理が絶妙だと思います。いずれ試してみたい一品。

と、書いていたらまたケーキ日記になってしまいました。
ということで、会議の様子はまた明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

WEBで見る、起業家さんの近況などなど。

事務局の石川です。
連休明けから、怒涛の戦略会議ラッシュになるのですが、
それまでちょっと予定がないので、WEBをまわってひろった、
起業家さんの近況報告をまとめます。

まずは、ブリアンブラン、野田さん。この記事はかなり心温まります。
地域の素材を料理するパティシエ・野田さんですが、
コンセプトだけでなく、大切にしているものがあるのだと教えられます。

「クリスマスの反省」パティシェールブリアンブラン

次に、こうじびら山の家。
冬の山の家にいってみたいな~と思っている僕ですが、
また行きたくなる写真付き日記でした。

「炭焼き窯作り第二弾!」きーちゃんの山の家奮闘記

三人目は、ヘアサプライピアの佐藤さんです。
ちょっと、サイトが新しくなったようです。
作りかけみたいですが、今後の展開に注目。

ヘアサプライピア

最後に、三州フルーツ工房の鈴木さん。
元旦に長男誕生という、嬉しいニュースが届きました。
さっそく親バカになっているとのことです。
事業推進にも、一層熱がはいりますね。

新年あけて、皆さんに戦略会議で会うのが楽しみです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

起業家の年末、その2

事務局の石川です。
今回は、さらに3名の起業家さんの年末(の一部)をレポートします。
こんな記事を書いていると、歳の瀬を感じてしまいます。

まずは、パティシェールブリアンブラン、野田さん。
最近、ついにブログを更新しだした野田さんです。
忙しい時期にいきなり更新するあたりが、さすがです。

クリスマスは相当お忙しかった様子。
添加物を使用しないことと、野田さんのクオリティへのこだわりが、
作りおきをすることを許しませんので、大変なことになっていたようです。
燃焼しきった野田さんの様子は、以下のブログから。

・ブリアンブランのブログ

お次は三州フルーツ工房の鈴木さん。
人生のビッグイベントが重なり、とても忙しい年末に
なりそうな鈴木さんです。さらに、昨日の新聞を見た方からの
問い合わせが続々ときており、これまた大変そうです。

お二人とも、大変そうではありますが、
事業が軌道に乗りつつある、良い意味での忙しさです。
2009年もこの勢いで、がんばってください!!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

ブリアンブランのクリスマスケーキと、秘密の新商品。

事務局の石川です。
毎日更新していると、食べ物の話題が増えます。
ブログとは、書き手の興味が如実に反映されるものであるようです。

そして、食べ物と言えば、野田夫妻のパティシェール ブリアンブラン
実は最近けっこう頻繁に電話している、野田さんと石川です。

さて、前回訪問時に石野くんと食べまくってた石川ですが、
クリスマスフェアの写真を仕込むことも忘れてはおりません。

Sany0011

こちら、ブリアンブランのメリークリスマススペシャルです。
クリスマスケーキ全6種。どれもシェフである野田さんのセンスが
光る、美し・そして安心・かつ美味しきケーキたちであります。

是非とも野田さんにケーキを仕込んでもらいたい、
そう思ったあなたはこちらから、パティシェール ブリアンブランへ(地図)

Sany0033

さらに、僕が個人的に仕入れたいと思っているのは、こちら。
材料はすべて地産の3種類(知りたい人はパッケージをご覧ください)
のみ、もちろん無添加のこだわり生キャラメルです。

Sany0031

この迫力と、お二人の絶妙なバランスにより繊細な味が生まれるのです。
石川お気に入りの1枚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

パティシェールブリアンブラン、第二回生産者と消費者をつなぐ会。

事務局の石川です。
先週のことですが、パティシェール ブリアンブランにて、
第二回生産者と消費者をつなぐ会が開催されました。
記念すべき第一回の模様はこちらから

残念がら僕は参加できなかったのですが、
参加した方から写真をいただきましたので、紹介します。

P1010564

今回なんと、テレビ取材つき。
さすがの野田さんも「ちょっと緊張した」とのことでした。

P1010566

当日ふるまわれたスイーツ。
僕はこのマカロン(左)、本場のやつよりおいしいと思います。

P1010577

取材を受ける、野田さん。
最近はラジオ・テレビ・新聞と、そこらじゅうに野田さんです。

野田さんとブリアンブランを通して、野田さんの伝えたい
「素材と生産者の心のぬくもり」が伝わるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

石川&石野、ブリアンブランを訪問:店頭ウォッチ編

事務局の石川です。先日の日記に引き続き、
今回はパティシェール・ブリアンブランのスイーツを紹介しようと思います。

Sany0004

まずはこちら、石野くんもお気に入りの「和ナシとマドレーヌのガトー」。
とにかく中間層(?)の部分がたまらなくオイシイです。

Sany0006

お次は野田シェフの自信作、「梨のタタン」。でっかい梨がそそります。
この梨の食感と温度が、野田さんの職人技で、いい味になってます。

Sany0007

「マロンタルト」。食べたい。。

今回は、季節のスイーツを中心に紹介しました。
パティシェール・ブリアンブランには、他にもたくさんのケーキがあります。

無添加や地産地消など、野田夫妻の食へのこだわりがつまった
スイーツを、じっくり味わってみてください。ちなみに、野田シェフに
話しかけると、色々と興味深い話を教えてくれます。お試しあれ。

パティシェール・ブリアンブランの店舗案内(地図)はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

石川&石野、ブリアンブランを訪問:味わい編

事務局の石川です。先日の日記に、ブース出展のことを書きましたが、
実はその朝、石川&石野は一宮は木曽川町に向かっておりました。

目的地はもちろん、「パティシェール・ブリアンブラン」。
僕は何度か足を運んでいますが、東京事務局の石野くんは
行ったことがありません。事務局として、是非一度は体験せねば、
ということで、一路、ブリアンブランへ。

Sany0001

新木曽川駅から徒歩10分ほどで、ブリアンブランの店舗につきました。
クリスマス仕様でしょうか、イルミネーションが設置されています。

早速ケーキをオーダー。普段ケーキ屋さんに行かないせいか、
全く注文が決まらない石川&石野。野田奥さんのオススメを、
そのままいただくことにしました。

Sany0020

石野くんは、「和ナシとマドレーヌのガトー」と、他一品を注文。
すごいスプーンさばきで、和ナシを攻めております。

「うまいっす!!」という石野くん。いつもながら簡潔な感想です。
それではグルメ番組には出られないでしょうが、おいしさは伝わってきました。

Sany0030

食べかけの写真ですが、あえて掲載。ご覧ください。
甘すぎないスポンジとクリームが、僕は気に入ってます。

そして、食感マニアとしては、中間層にあるチョコと和ナシの食感が
たまらないです。少しシャリシャリするひんやりとした和ナシと、
チョコチップ。普段は豪快な野田さんの繊細さを感じるケーキです。

Sany0028

アイスティーを楽しむ石野くん。これが運ばれてきたときの第一声は、
「僕、ホットティー頼んでないですけど」。
あまりお洒落なカフェに縁がないということがバレバレです。

そんな彼ですが、東海若手起業塾事務局の事務作業を
一手に引き受ける、起業塾になくてはならない裏方なのです。
仕事がデキつつ、癒し系であり続けてほしいものです。

次回はパティシェール・ブリアンブランの、
その他のケーキと新作スイーツの紹介をする予定です!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

ブリアンブラン野田夫妻が、生産者と消費者をつなぐ会を開催!

事務局の石川です。
10月16日、ブリアンブランの野田夫妻が、店舗にて、
「生産者と消費者をつなぐ会」を実施しました。

この会は、ブリアンブランのこだわりである、
「地域で採れたもの、安全なよいものを、お客さんに届けよう」
というコンセプトを、消費者の皆さんに伝えようという企画です。

届けよう、といっても、野田さんが話すだけではダメです。
(実際のところ、それでも十分すぎるほど面白いのですが)
生産者さんとお客さんが、直接話し合うような場をつくろう!
ということで、今回実験的にイベントを企画したわけです。

参加者は、野田夫妻、コーディネータ眞鍋さん、ブラザー工業から
間瀬さん、事務局の僕、と、ここまではいつもの戦略会議メンバーです。
さらに今回は、自然食の旬楽膳から担当者さん、一宮の養蜂家の伴さん、
飛騨牛乳の杉本さん、卵を生産している養鶏場の吉田さん、そして
ブリアンブランのお客様代表として、消費者6名の方々においでいただきました。

Sany0017

野田シェフのファシリテーションではじまりました。
笑いを交え、少しずつ場の雰囲気が和らいでいきます。さすが!

Sany0024

一宮の養蜂家、伴じいさんのお話を聞きます。
ハチミツというと、アカシアレンゲばかりが思い浮かぶのですが、
セイタカアワダチソウや、クロガネモチからも採れるんだよ・・というお話。
一宮はクロガネモチが密集して生育している土地で、
そこでは純度の高い、クロガネモチのハチミツがとれるそうです。

Sany0037

テーブルの上にあるのが、セイタカアワダチソウのミツがはいった、
百花蜜だそうです。もちろん試食させていただきました。おいしい!!
「毎年、全然味が違うんだ。今年のはうまいよ」という伴さん。

他にも、養蜂にまつわるいろいろな話を聞きました。
うまく説明はできませんが、伴さん、カッコイイです。

Sany0046

お次は、卵の吉田さん。おいしい卵の見分け方って?
という話からはじまり、茶色と白色の殻があるけど、違いって?
などなど、消費者さんからの質問に次々と答えていきます。
気になる答えは・・・ぜひブリアンブランの次回の会に参加して下さい。

Sany0092

最後に、飛騨牛乳の杉本さんです。
かなり衝撃的なお話の数々、皆びっくりでした。
高温殺菌と低温殺菌の違い、新鮮な牛乳の特徴などなど。
「何がおいしいのか、何がいいのか」という基準自体、
けっこう勘違いしていることが多いんだな、ということが分かります。

さて、後半はお楽しみの覆面試食会。
いくつか並んだ食材のなかから、どれがどれだかを当てるゲームです。

Sany0078

テイスティングの風景。判定するのは、砂糖、ハチミツ、牛乳、卵の4つです。

Sany0076

砂糖は、見た目がだいぶ違います。
量販の三温糖、ビート糖、粗糖、見た目で違いが分かりますか?
ちなみに僕はほとんど全部正解しましたが、ひとつだけ、
みんな正解していた卵を間違えました。卵屋さんすみませんdespair

Sany0086

野田さんにふるまっていただいたケーキは今日もおいしかったです。
オススメは栗のケーキ(手前)と、梨のケーキ(その奥)。ごちそうさまでした。

最後に、消費者のみなさんから色々とコメントをいただき、会は終了しました。
食に関する知識と意識が、ぐっと増えました。印象的だったのは、3つです。

まず、食べ物は循環するもの。たとえば牛乳は牛が食べた物を忠実に
反映するし、卵だってそう。そのことを改めて考えないといけない。

二つめに、食べ物は単に味覚だけのものではなく、その背景や歴史、
生産者の姿も含めて、ひとつの文化だということ。

最後に、重要なのは、よいものを価値をそれぞれが感じるなり、
大事にして、手間暇かけたいいものには、ちゃんとお金を払うこと。

これからも、野田夫妻が大事にする想いを共有する、
ブリアンブランコミュニティが広がっていくといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

ブリアンブラン野田さん、第二回戦略会議を開催。

事務局の石野です。先日、9月3日(水)に、
パティシェール・ブリアンブランの第二回戦略会議を実施しました。
今回はそのときの様子をお伝えいたします。


今回ご協力いただいたメンターは通販で大人気の
ベーグル屋「エルクアトロギャッツ」の河瀬麻花さんです。
2007年度楽天市場のショップオブザイヤー食品部門ジャンル賞を受賞)

会議は北大垣にあるエルクアトロギャッツさんの店頭をお借りしての開催。
メンバーは今回のメンター河瀬さん、野田さん、担当コーディネーター眞鍋さん、
ブラザー工業の間瀬さん、若原さん、事務局石野です。

Dsc03606

会議のテーマは「ネットを利用した販路拡大について」。
ブリアンブランの懸念点に上がっている「商圏が狭い」という壁を打破するために、
ネットを利用した販路拡大は有力な解決策の一つにあがっています
ネット通販の準備段階から、通販のリスクマネジメント、ネット上の販売促進まで、
ネット販売の経験と実績をもつ河瀬さん、多くのアドバイスをいただきました。


河瀬さん(左)のネット販売が順調に伸びていった背景にある戦略は、
「20代から30代の女性に人気のあるベーグルへの絞込み」だということ。
単に多くの人へ売るためのネット販売ではなく、
しっかりとしたコンセプトの設定とターゲットの絞込みが、
ネット販売においても、成功につながるということでした。

ブリアンブランは何で勝負をするのか。起業家にとっていつも頭を悩ませる、
自分の想いと社会での役割のすり合わせ」の深掘りが今後の課題となります。

Dsc03613

また、「ネットでの販売は細部にわる相手目線の説明がカギを握る」とのこと。
リアルな場でその良さを伝えるのはなかなか難しい、地産地消が徹底された、
地元のこだわり食材を活用するブリアンブラン野田さんのお菓子に
ネット販売が適しているのではという仮説もたちました。


約90分にわたる会議で、具体的なネット販売のイメージを持つことができました。
個人的には、野田さんのシュークリームはとっても美味しいので、
いつでも手軽に購入できるネット通販のスタートはとても嬉しいのですが、
今はネット販売の企画作りからじっくりと固める段階。
キャパオーバーなどの念入りなリスクマネジメントも必要ですが、
前半戦終盤に、広がりのある展望を描くことができたのはよかったと思います。


愛知県一宮から遠く離れた場所にいても
「ブリアンブラン野田さんのお菓子は美味しい」
という気持ちを誰かとシェアできる日が楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Contents